最新の海況を、豊富な写真とともにチェック!

雲見の透明度UP!【2018年12月23日】

あいにくのお天気ですが、海は穏やかです。

1ダイブ目:牛着岩(うしつきいわ)グンカン → 大牛裏

2ダイブ目:牛着岩(うしつきいわ)島前 → ブルーコーナー
天気 小雨のち曇り
風向 ほぼ無風
流れ 少々
波・うねり ほとんどなし
気温 15℃
水温 20.0℃
透視度 → :14m〜15m
透明度 ↓ :18m〜20m
今日はリピーターのゲストとマンツーマンダイブでした。
1本目は、最近のアイドル達が集中しているグンカンからスタート。
まずは、クロクマ君。
おや。季節来遊魚のカンムリベラyg.です。
水温が高いせいかまだ頑張っているんですね。
グンカンアーチ。
一昨日潜った時より、格段に透明度は上がっていました。
水温もまだ20℃あって、この時期としては快適です!
このグンカンアーチには、ニシキフウライウオのペアと、オイランヨウジが。
そして、安定のシロクマ君。
薄い鰭膜の様子がよく分かります。びよ〜ん。
ただ、残念なことに1cm未満のちびカエルは2匹とも失踪してしまいました。
その代わり、またもや季節来遊魚。
キツネベラの幼魚です。証拠写真ですけど。
この人も、季節来遊魚には違いありません。
クダゴンベです。
このところ、雲見には毎年のように現れるのでありがたみが薄れつつありますが。
レア物、です。「(^^; )
一見、オトヒメエビのような。
でも体がひとまわり小さいし、鮮やかな紫色をしています。
そう、謎の生物バイオレットボクサーシュリンプです。
ペアでいるのですが、本来の生息地沖縄などでも珍しい生き物。
なのに、なぜ、雲見にペアでいるのか?
水温が下がったら、やがて姿を消してしまうのか?
クリーナーなのか?否か?
謎です。
浅場での安全停止中にて。
まずはハクセンミノウミウシ属の一種3。
アオセンミノウミウシ。
アカテンミノウミウシ。
いずれも10mm以下の極小サイズでした。2本目はのんびりと水路周辺へ。
これは黒い点々があるので、ヨゾラミドリガイですね。
水路下の洞窟です。
よそのチームも、生き物探ししていました。
Hの穴周辺の魚影は、相変わらずの濃さです。
わー、これも小さい!
ネアカミノウミウシですね。
これはキカモヨウウミウシ。
小指の爪より小さいサイズです。
2ダイブ終わって、波止場を撤収したのが11時半頃。
いつものお店で週替わり定食を頼むのも、定番ですね。
今日はイカや白身魚、白子などが入った具だくさん湯豆腐でした。
ランチのあと、ケーキ屋さんでゲストは会社用のお土産を買って。
お店に戻ってロギングして。
そして14時台の電車で帰っていきました。
マンツーマンって、早い。(⌒^⌒)b
お疲れさまでした!


 

アイダイブのご予約はこちらから!

【アイダイブからのお知らせ】

今年もアイダイブは年末年始を休まずに営業します!
潜り納め、初潜りは是非雲見のアイダイブへ!

アイダイブ的タオ島2019!
初の試みです。
日程:4月20日(土)〜25日(木)6日間!
タイランド湾(シャム湾とも)に浮かぶ離島タオ島へ!
ハイシーズンど真ん中、狙うはもちろんジンベエザメ!!
詳しくはこちらをご覧下さい!!

来年も久米島行きます!
1年ほど前に発見されたマンタステーション。
そのポテンシャルは今年1年かけて証明されつつあります!
マンタが舞い、クジラが歌い、ハンマーが跋扈する。
そんな久米島の海へ、ご一緒しませんか??
日程:2019年2月22日(金)〜2月25日(月)
急で申し訳ありません!
上記日程は久米島の使用予定ホテルがフルブッキングの為、一週後ろにずらすことになりました。
新しい日程は
2019年3月1日(金)〜3月4日(月)
です。
ご検討中の皆さま、ご迷惑をお掛けいたします!

詳細はアイダイブまでご連絡を!

来年のアイダイブ的宮古島は10月です!
日程は2019年10月25日(金)〜28日(月)です。
「宮古島ミュージックコンベンション」という野外ライブも見る予定!
詳しくはこちらをクリックしてください!


「麺屋井むら」さんが食材を用意してくれるBBQ出来ます!詳しくはこちらから!

関連記事一覧

お問い合わせ

お問い合せは:info@idive.jp
iDive:金子 裕昭
〒410-3618 静岡県賀茂郡松崎町道部145-1
TEL:0558-43-2050
FAX:0558-43-2311
Mobile:090(2923)5301

最近の記事

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
PAGE TOP