最新の海況を、豊富な写真とともにチェック!

親子で雲見【2020年7月12日】

1ダイブ目:牛着岩(うしつきいわ)島裏 → 島前
2ダイブ目:牛着岩(うしつきいわ)24(にーよん)ブイ → 島前
3ダイブ目:牛着岩(うしつきいわ)24(にーよん)ブイ → 大牛前
天気 曇りのち晴れ
風向 南西の風
流れ 下り潮少々
波・うねり 
気温 29℃
水温 20℃〜23℃
透視度 → :4m〜6m
透明度 ↓ :5m〜8m

今日はヘビーリピーターの超ベテランさんと、初アイダイブのご家族と潜ってきました!

1本目はベテランさんとマンツーで。

リュウモンイロウミウシが、交接中でした!
同じ種類でも、個体によって色味の違うのが分かりますね。

グレー地に赤い模様のカエルアンコウ。
通称「ウルトラマン」は、体長10cmといったところでしょうか。

今年はよく見かけるキイロウミウシ。

小さなキベリアカイロウミウシ。

この写真見て、すぐ正体が分かった人、すごいです。
分からない人、これカエルアンコウです!!😮

キリンミノ。

2本目はファミリィチームと潜ってきました。
パパと娘さんは経験値高いダイバーですが、ママは初めたて。
ほんとはママのレベルに合わせて、湾内でのんびり中性浮力の練習をしようと思ったのですが。

湾内は2mを切る透明度の悪さと聞いて、断念しました。
仕方なく、沖側のブイで潜降して、いきなり手慣れたダイバーと同じコースへ!

これはテングダイとママのツーショット!
うねり、濁りのある中、よく頑張りました。😄

とは言え、ママと娘さんは1ダイブでリタイア。
なので3本目はベテランさんとパパ、このお二人と潜ってきました。

パパがミラーレス一眼で撮ったオルトマンワラエビ。
抱卵しています。

大牛の洞窟のちびオオモンカエルアンコウ。

大人しめなコウイカの仲間。

雲見ならではの魚、サクラテンジクダイ。
口内保育中です。

ハコフグ、またはミナミハコフグの幼魚。
割と大きめ個体ですが、キレイな黄色してます。

ロボコンことアナモリチュウコシオリエビ。

おっきめの(あまりかわいくない)シロクマ。

安全停止中に、ミツイラメリウミウシ。

うねり、濁り、流れとハードな海況でしたが、無事に潜り終えました。
でも、雲見はこんなもんじゃないんです。
また海況のいい時に潜りに来てくださいね〜

本日の写真提供は、けんいちさん。
ありがとうございました!


《お知らせ》

7月14日と21日の火曜日、お休みいただきます!

関連記事一覧

お問い合わせ

お問い合せは:info@idive.jp
iDive:金子 裕昭
〒410-3618 静岡県賀茂郡松崎町道部145-1
TEL:0558-43-2050
FAX:0558-43-2311
Mobile:090(2923)5301

最近の記事

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
PAGE TOP