最新の海況を、豊富な写真とともにチェック!

それでもウミウシ探す雲見【2021年5月9日】

今日も風が強くて波があります。
雲見はオープンしたものの、エキジット場所は制限されるダイビングでした。

1ダイブ目:牛着岩(うしつきいわ)島裏 → 島前
2ダイブ目:牛着岩(うしつきいわ)島裏 → 島前
天気 晴れ
風向 南西風強い
流れ ほとんどなし
波・うねり 風波あり、浅場にうねりあり
気温 24℃
水温 18℃
透視度 → :10m〜12m
透明度 ↓ :14m〜15m

本日のお客様は当店常連のお二人。
どちらもウミウシが大好きな方達です。
でもなー。今日はうねりもあるし、うまく探せるかな〜。
とにかく、行ってみましょう!

最初に見つかったのは、ヒロウミウシでした。

ちっさ!
セスジミノウミウシの幼体ですね。

黒い斑点があるので、ヨゾラミドリガイです。

おーすごい!
ゲストが見つけました!コンシボリガイです!

ユビノウハナガサウミウシ。

わーお!またレアものをもう一人のゲストが発見。
お二人ともすごいです。クロフチウミコチョウですね!
かわいい!😍

これは、イナバミノウミウシ。

なんか、思ったよりウミウシ見つかっていい感じです。
この調子で2本目も行きましょう!

あれ、でも最初に見つけたのは、大きなヒラメ!

これは、極小!
アカエラミノウミウシです。

よく見ると、近くに卵塊がありました。
こんなにたくさん、この個体が産んだのでしょうか?
そうだとしたらこの小さな体から随分たくさん産んだものですね?
体内から出すと、海水で膨らむ??
まさかね。😅

振り向けば、絶景。
でも今日のお二人は見向きもしません。
昨日までのお二人とは全然違うスタイルのダイビングです。

これは!
以前はロマノータス属の一種と呼ばれていたウミウシですね!
オセナガムシウミウシでしょうか?

すぐ側に、もう一匹。赤い個体がいました。
これもオセナガムシウミウシか、それとも似ているけど少し違うナガムシウミウシ属の一種でしょうか??

見上げれば、絶景。
でもひたすら背を向けて壁に張り付きます。😅

ウスイロウミウシ。
近くにシロウミウシもいました。

これまたゲストが発見!
クラサキウミウシです。

ミツイラメリウミウシ。

おや?
ウミウシを探していたら、偶然イソコンペイトウガニを見つけました。
相変わらず擬態がすごくて、どこがカニかよくわかりませんが。😓

こちらはウミウサギ貝の仲間のテンロクケボリですね。
にしては、斑紋が大きい気もしますが、個体差ってことで。

最後はサンゴの上にちょこんと乗っていたメガネゴンベ。
季節来遊、ではなく越冬組のようです。

ランチはいつものお店へ。
私はしおかつおうどんをいただきました!

お疲れ様でした〜。
頑張って探せば、まあまあ発見できましたね。
でも、ウミウシ全体の個体数が増えてもうちょっと楽に見つかるといいんですけど。

本日の写真提供は、えみさん。
ありがとうございました!


《お知らせ》

5月17日18日、お休みいただきます。

当店では去年10月以来、GoToキャンペーンの割引を受けられる店舗として運営して参りましたが、緊急事態宣言発出に伴うキャンペーン停止により、現在は中止しております。

現在、GoToキャンペーンは再開の時期、割引率など、わからないことだらけの状況となっています。
ですが、もちろん、キャンペーンが再開されれば当店でもすぐに使えるよう対処します。

クリック! → 「アイダイブでは宿泊した方全員にGoToトラベルキャンペーンが適用されます!

当店では特定の都道府県にお住まいのお客様をお断りする事はしておりません。
今後も感染対策に気を配りながら、開放的な海でのアクティビティを提供していきたいと思います。

関連記事一覧

お問い合わせ

お問い合せは:info@idive.jp
iDive:金子 裕昭
〒410-3618 静岡県賀茂郡松崎町道部145-1
TEL:0558-43-2050
FAX:0558-43-2311
Mobile:090(2923)5301

最近の記事

2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
PAGE TOP