最新の海況を、豊富な写真とともにチェック!

また透明度上がった雲見【2015年12月20日】

ポイント名 雲見
1ダイブ目:牛着岩(うしつきいわ) ブイ → 24ブイ
2ダイブ目:牛着岩(うしつきいわ) グンカン → 大牛の洞窟
3ダイブ目:牛着岩(うしつきいわ) コリンズブイ → 島裏
天気 晴れのち曇り
風向 北東風
流れ ほとんどなし
波・うねり ほとんどなし
気温 13℃
水温 20℃〜21℃
透明度:20m〜
透視度:15m〜16m
今日は毎年の潜り納めを雲見でしている仲良しダイバーさん達とガイド見習いカナコでした。
3ダイブ牛着岩ver.9.0今回はドライスーツをあまり着慣れていない方がいたので、ブイからの潜降。
でも昨日に比べてずっと穏やかな海況で波も流れも無く、透明度もぐっと上がっていました。
なので楽に潜れましたね。(⌒^⌒)b
最初は湾内のカミソリウオをチェック。
OLYMPUS DIGITAL CAMERAそのそばにいるイソギンチャクエビ
OLYMPUS DIGITAL CAMERA水路ではかわいいウミウシをいくつか。最初はミアミラウミウシの幼体です。
OLYMPUS DIGITAL CAMERAそれから和名のないウミウシです。学名でそのまま呼ばれています。
じゃあいいですか言いますよ長いですよ〜ヒュプセロドーリス・クラカトア。ゲストが発見しました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERAH型のトンネルです。お魚群れ群れ。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA中層にはキビナゴが群れ群れでした。
OLYMPUS DIGITAL CAMERAこれはサキシマミノウミウシ
OLYMPUS DIGITAL CAMERA昨日ゲストが見つけたセナキルリスズメダイの幼魚。再確認しに行った所無事に発見。しかし結構臆病で写真は撮らせてくれませんでした。
2本目は大牛の洞窟へ。昨日アクアティークの糸井さんが見つけた極小のレア物・シモフリカメサンウミウシを探してきました。そして確認することに成功。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA3本目は最近旬の小牛を回るコース。透明度もいいし日差しはあるし水温も20℃オーバー。
これはもう、もう1本潜るっきゃありません。
最初はモジャモジャ岩の黄色いベニカエルアンコウ。特徴である額の角がよく見えています。
OLYMPUS DIGITAL CAMERAこれは小牛の亀裂にいるイロカエルアンコウ。しかしずっとここにいたシロクマが行方不明。残念です。
ちょっと「ばっちぃ」とか「きたない」とか言いすぎましたかね。\(_”_ )
OLYMPUS DIGITAL CAMERAこれは昨日うまく撮れなかったカゲロウカクレエビ。肉眼で見るともっとキレイなんですが。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA最後はカンムリベラの幼魚。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA明日も雲見でダイビングの予定です!
OLYMPUS DIGITAL CAMERA本日の写真提供はエミさん。ありがとうございました。

【アイダイブからのお知らせ】

■ アイダイブは年末年始も休まず、いつも通り営業しています!

■ 2016年のアイダイブ的あちらこちら(恒例の久米島や宮古島、モルクルなど)です。

■ アイダイブのFacebookページです。ぜひ「いいね!」をお願いいたします。m(_ _)m

■ もっと詳しい情報はアイダイブのホームページへ!

お問い合わせの場合はこちらのページにメールアドレス・電話番号などあります!

■ ダイビングのあとにリラックスしませんか? リフレクカオカオのご案内

関連記事一覧

お問い合わせ

お問い合せは:info@idive.jp
iDive:金子 裕昭
〒410-3618 静岡県賀茂郡松崎町道部145-1
TEL:0558-43-2050
FAX:0558-43-2311
Mobile:090(2923)5301

最近の記事

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
PAGE TOP