最新の海況を、豊富な写真とともにチェック!

久しぶりの須崎!そしてみなみの桜【2014年3月6日】

ポイント名 須崎
1ダイブ目:田ノ浦(たのうら)
2ダイブ目:九十浜(くじゅっぱま)
天気 曇り
風向 北西より
流れ なし
波・うねり うねり浅場に少々
気温 17℃
水温 13℃〜14℃
透明度:3m〜6m
透視度:3m〜5m

今月に入ってご予約がありません・・・。(T_T)
余りの暇さに昨日、雲見にチェックダイブしに行こうと思ったのですが、朝から雨ザーザーで腰が引けて断念。
よし今日こそと思ったのですが、西風で雲見クローズ。人生ってほんと思い通りに行きません。そこで、久しぶりに下田市にある須崎というダイビングエリアで潜ってきました。
1本目はまず田ノ浦ビーチへ。
田の浦マップすいません、上のマップは須崎ダイビングセンターでいただいた画像を取り込んだだけなので、若干お見苦しい点はご容赦ください。
最初の被写体はもちろん、ダンゴウオ!この時期、須崎にはダンゴウオが多く見られます。これが今日のお目当てでした。
DSCF5404ダンゴウオうーむ。しかし若干うねりがあってちっちゃな生き物は撮りづらかったです。(いいわけ)
これ、ウニの仲間です。たぶんオカメブンブクというやつですね。ウニの仲間の中でもなんちゃらブンブクと名前のつくグループは何種類かいますが、そのうちのどれかで間違いないと思います。
DSCF5419オカメブンブクこのあと、砂地に移動。雲見では見られないようなウミウシが色々といました。まずはこれ。カラスキセワタです。粘液を身にまとっていて砂地を這っているのできれいな状態で撮りたかったんですけどダメでした。(T_T)
DSCF5408カラスキセワタそれから、これ。ヒメクロモウミウシと思われます。初めて見ました。DSCF5415ヒメクロモお次はこちら。フレリトゲアメフラシ。これも初めて見ます。アメフラシの仲間はこの他にもたくさんいました。
DSCF5426フレリトゲアメフラシそれからこれはアユカワウミコチョウ。伊豆ではここ須崎にしかいないといわれている超レア物です。初めて潜るポイントでうまくみつけられるかどうか、どきどきしましたが、何とかゲット。このウミウシを見にわざわざ須崎まで来るゲストやガイドさんが後を絶たないそうです。
DSCF5422アユカワウミコチョウ2本目は九十浜へ。
DSCF5432九十浜写真では分かりにくいのですが、1本目の田ノ浦とは比べものにならないくらいきつくうねっていました。
とりあえず、エントリーしてすぐのところにいたタコは写真に収めましたが。
DSCF5434タコダンゴウオはみつけても、体がしっかり固定できず写真はこれが精一杯。
DSCF5441九十浜のダンゴ早々にダイビングを切り上げざるを得ませんでした。
さて、せっかく下田まで来たので帰りは偶然開催されていたパネル展へ。
IMG_2559下田パネル展場所は「道の駅・開国下田みなと」にて。下田市で海に関わる仕事をしている人たちを紹介している展示会でした。
IMG_2568パネル展先ほどまでお世話になっていた須崎ダイビングセンターも出展中。この写真はそこに展示されていたもの。レア物のアユカワウミコチョウですね。これくらい鮮明な写真、撮りたかったです。(T_T)
IMG_2563パネル・アユカワウミコチョウさらに帰りは少し遠回りして、南伊豆の河津桜を見ながら帰ってきました。まさに今が見頃。満開ですね〜。
IMG_2575みなみの桜今日みたいに雲見がクローズの時など、須崎まで足を伸ばすのも楽しいですね。
ダンゴウオは季節限定の生き物です。「見たい!」という方はお早めにリクエストしてくださいね〜。(*^^*)

【アイダイブからのお知らせ】

■ ドライスーツの初回レンタル料無料!初めての方も丁寧にレクチャーするので大丈夫。ぜひチャレンジしてくださいね。

■ 2014年5月は宮古島へ!ダイナミックな地形と野外音楽イベント「ミュージックコンベンション」を楽しむ、一粒で二度美味しい欲張りな計画です!

■ もっと詳しい情報はアイダイブのホームページへ!

お問い合わせの場合はこちらのページにメールアドレス・電話番号などあります!

■ ダイビングのあとにリラックスしませんか? リフレクカオカオのご案内

 

 

関連記事一覧

お問い合わせ

お問い合せは:info@idive.jp
iDive:金子 裕昭
〒410-3618 静岡県賀茂郡松崎町道部145-1
TEL:0558-43-2050
FAX:0558-43-2311
Mobile:090(2923)5301

最近の記事

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
PAGE TOP