最新の海況を、豊富な写真とともにチェック!

中層も岩肌も気になる雲見【2014年3月1日】

ポイント名 雲見
1ダイブ目:牛着岩 島裏 → モロコ根 → グンカン
2ダイブ目:牛着岩 小牛横の亀裂 → ブルーコーナー
天気 曇り
風向 北東より
流れ 軽い下り潮
波・うねり うねり浅場にごくわずか
気温 13℃
水温 13℃〜14℃
透明度:15m〜16m
透視度:12m〜13m

久しぶりの雲見はべた凪でした。天気もお昼近くになるとうっすら日のさす陽気に。
2ダイブ牛着岩ver.9.0久しぶりにご来店の常連様とマンツーマンダイビング。1本目はワイドもマクロも欲張るコース。
まずあいさつしたのは、カイカムリ・・・。あれ! いなくなっちゃった。動揺することしきり。ずっとここにいてくれたのになぁ。
ゲストには水中スレートに「行方不明」と事情説明をしてから、ハナタツへ。
IMG_4277ハナタツそして今まで2匹いたうちのもうひとつのほうを確認すると、いてくれました。(*^Д^)=з
IMG_4286カイカムリこの人も健在です。イボイソバナガニのメス。
IMG_4294イボイソバナガニメス次に数日前にみつかったというネコザメを見る為に移動開始。途中、水深26mのアーチの中では、雲見ではレアなサクラダイの雌を発見!雄と一緒にいると地味で目立ちませんが、こうして1匹だけでいると、色彩の美しさが際立ちます。
IMG_4309サクラダイメスネコザメも無事ゲットです。しかしでかい。特に顔が。ゲストは「そのうち穴から出られなくなっちゃうんじゃないの?」と本気で心配しておりました。いやいや、井伏鱒二の「山椒魚」じゃあるまいし。
IMG_4320ネコザメここからは中層にマンボウの夢を追いかけてのダイビング。牛着岩ではもっとも深い水深26mのアーチ周辺からふわりと中層に上がり、アウトサイドを流してきました。終点はグンカン
写真はキンギョハナダイの群れです。
IMG_4323キンギョハナダイそして浮上間際のグンカンでみつけたミスガイ
IMG_4331ミスガイ2本目は小牛の横からスタート。中層にはキビナゴの群れ。マンボウの夢も捨てきれません。しかし岩肌を見ればかわいい生き物もいて、ほんとこの時期意識は中層と岩肌に二分され、どちらかに集中力を保っておくのが難しいようです。f ^ ^ *)
これは岩肌のサラサウミウシ
IMG_4337サラサウミウシ中層、ではありませんが、ダイバーにやたらからんでくる人なつっこいコブダイ。まだ若魚です。
IMG_4352コブダイあ、キタマクラかわいく撮れましたね。背景もいいです。
IMG_4358キタマクラH型のトンネルキンメモドキ
IMG_4367キンメモドキ穴越しの魚の群れ。
IMG_4376穴越しの魚影黒っぽいのはスミゾメミノウミウシ。そしてピンク色は産んだタマゴです。
IMG_4382スミゾメミノでっかいサガミリュウグウウミウシがコケムシをむしゃむしゃと食べておりました。
IMG_4385サガミリュウグウコケムシ食浅い岩の上で安全停止を兼ねて、生き物探し。岩肌の生物を探しながらも中層が気になるなぁ、なんて相変わらずの中途半端っぷりでいると。
IMG_4389ボラ!突然視界を塞ぐように現れたのはボラの大群でした。ボラは産卵の為に大きな集団を作ると言われているそうですが、産卵期は10月〜1月だそうです。季節外れですね・・・? でも楽しいからいいか。(⌒^⌒)b
IMG_4405船
地形はもちろん、小さな生物から大きな魚群まで何でもござれの雲見を十二分に楽しんだ1日でした。
写真提供はIkkoさんです。ありがとうございました!

【アイダイブからのお知らせ】

■ 2014年5月は宮古島へ!ダイナミックな地形と野外音楽イベント「ミュージックコンベンション」を楽しむ、一粒で二度美味しい欲張りな計画です!

■ もっと詳しい情報はアイダイブのホームページへ!

お問い合わせの場合はこちらのページにメールアドレス・電話番号などあります!

■ ダイビングのあとにリラックスしませんか? リフレクカオカオのご案内

関連記事一覧

お問い合わせ

お問い合せは:info@idive.jp
iDive:金子 裕昭
〒410-3618 静岡県賀茂郡松崎町道部145-1
TEL:0558-43-2050
FAX:0558-43-2311
Mobile:090(2923)5301

最近の記事

2020年11月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
PAGE TOP