最新の海況を、豊富な写真とともにチェック!

風が吹いても雲見【2022年4月23日】

今日は陸から見てもうねりがあると分かる海況でした。
午後には風も吹いてきそうです。🥺

1ダイブ目:牛着岩(うしつきいわ)小牛の裏角 → 島前
2ダイブ目:牛着岩(うしつきいわ)小牛の裏角 → 島前
3ダイブ目:牛着岩(うしつきいわ)島前 → 島前
天気 晴れのち曇り
風向 西風徐々に強く
流れ ほとんどなし
波・うねり 風波だんだん強く、うねり少々
気温 24℃
水温 19℃〜21℃
透視度 → :5m〜8m
透明度 ↓ :6m〜10m

今日、波止場に着くと、受付に下のような案内が貼ってありました。

え!シーサイドハウス修繕プロジェクト!?
資金をクラウドファウンディングで調達予定?!
き、聞いてませんけど。😳
こんな大切なこと、せめて地元ガイドにはきちんと伝えて欲しかったです!😅
でも締め切りは来月末まで。まだ1ヶ月以上ありますね!
もちろん、微力ながら協力させていただきます!
雲見でのダイビングを愛する皆様も是非、お願いいたします!
この下のリンクが、このプロジェクトへの入り口です!

https://camp-fire.jp/projects/view/553752

さて、今日はヘビィリピーターさんとマンツーマンダイブです。
リクエストはウミウシ!了解です。
さっそく、行ってみましょう!😄

と、思ったら。
いきなり今流行りのジャパピグ・正式和名タチジョウタツを見つけてしまいました!😳

今までは水路と大牛北の壁の2か所で見つかっていたのですが。
これは小牛の洞窟の入り口付近。新たな個体、ということですね!😍

さて、興奮醒めやらぬまま、ウミウシ探し再開です。
これはまだ和名のないいばらウミウシ属の一種11。

セトイロウミウシその1。

セトイロウミウシその2。

おニューのホワイトシリコンマスク、お似合いです!

サラサウミウシ。

アデヤカイボウミウシ。
この場所にずーっといる個体だと思うのですが、だいぶ大きくなっちゃいましたねー。
艶やか、とはお世辞にも言えないです。💦

数の少ないベニカエルアンコウ。
貴重な個体ですね。

クラサキウミウシ?

魚はたくさん群れていますが、ウミウシ探し続行です。

でも、絵になりますね。

1本目の最後はミヤコウミウシ!

2本目、エントリーするとイワシの群れ!
風波のせいでエントリー・エキジット場所は制限されてしまいました。
が、水中に入ってしまえば、ほとんど波やうねりの影響は感じませんでした。

フタスジミノウミウシ。

ヒブサミノウミウシ。

そしてもう1回ハチジョウタツに寄り道して。

ヒロウミウシ。

センヒメウミウシ。
久しぶりに見ました!

ルージュミノウミウシ。

フジイロウミウシ。

セトミノウミウシ。

エンジイロウミウシ。

アオウミウシ、ツーショット。
交接が終わったところでしょうか。

浜の家食堂のお弁当を挟んで、3本目へ!

ユビウミウシ。

アラリウミウシ。

キャラメルウミウシ。

シロシキブイロウミウシ。

いやー今日はたくさんウミウシを見ることができましたね!
新しいハチジョウタツも見つけたし。楽しいダイビングでした。
ロギングのお供にケーキを買って帰りましたよ。

本日の写真提供はみやこちゃんです。
ありがとうございました!😆


《お知らせ》

GW期間中、まだどこも空きがありますよ。
ぜひ潜りにきてください!

アイダイブではオリジナルのTシャツやパーカーが買えるオンラインショップをオープンいたしました。
よかったら、お暇な時に見てみてくださいね。

 

関連記事一覧

お問い合わせ

お問い合せは:info@idive.jp
iDive:金子 裕昭
〒410-3618 静岡県賀茂郡松崎町道部145-1
TEL:0558-43-2050
FAX:0558-43-2311
Mobile:090(2923)5301

最近の記事

2022年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
PAGE TOP