最新の海況を、豊富な写真とともにチェック!

田子で777!【2017年9月15日】

ついに雲見クローズ!
こんな時の強い味方・田子で潜ってきました!
ポイント名 田子
1ダイブ目:太根(ふとね)
2ダイブ目:白崎(しろさき) 1番のブイ
3ダイブ目:白崎(しろさき) 2番のブイ
天気 曇り
風向 東風
流れ ほとんどなし
波・うねり 外洋はうねりあり・湾内はほとんど無し
気温 26℃
水温 22℃〜26℃
透視度:外洋・13m〜14m、内海・7m〜8m
透明度:外洋・17m〜18m、内海・9m〜10m
今日のお客様はリピーターのご夫婦です。
まずは外洋の太根へ!
太根と言えば、この魚影!
群れの中にカンパチ軍団が混ざっています。
そのお陰か、潮の流れは早くないのに魚の群れがまとまっていい感じに。
来た来た来た!
うーん、大きい!
この他にも、サクラダイや。
うねりに耐えるミチヨミノウミウシなどを見て来ました。
2本目はのんびりと湾内の白崎へ。
教えてもらった場所に、セトリュウグウウミウシのペアが。
今まさに交接中です。
ゲストが見つけたピカチュウウミウシ(ウデフリツノザヤウミウシ)!
これはガラスハゼの仲間ですが、ガラスハゼじゃないですね。
背ビレに黒い斑点があるように見えるので、セボシウミタケハゼかな?
雲見では見かけないキヌバリ。よく撮れています。
ところで「絹針」って変な名前だなぁと思っていたのですが。
実は「絹張」、つまり体表面が滑らかで絹を張ったように美しい魚、から来ているんだそうです。へー。
2本目はエダサンゴ群生地のある2番のブイ周辺で。
ここにはチョウチョウウオの幼魚がたくさんいます。
まずはタキゲンロクダイyg.から。
これはアケボノチョウチョウウオyg.
こちらはミナミハタタテダイyg.
写真はありませんがツノハタタテダイyg.もいました。
おっとこれはフタスジリュウキュウスズメダイyg.
雲見では見たことが無いかもしれません。
最後はヒレナガハギyg.
これもレア物ですね。
いいなーかわいい幼魚がいっぱいいて。(⌒^⌒)b
このダイビングが777本記念だったお客様。
奥様とお二人で記念撮影です。おめでとうございました!
強かったうねり。何故か帰る頃には少し落ち着いたように見えました。明日からの三連休、台風が直撃コースなのでほとんどのお客様はキャンセルとなったのですが、まだ潜れそうな明日は強者が3名様いらっしゃる予定です。ひょっとして、雲見で潜れたりして。

本日の写真提供はじゅんさん、ふじこさんです。
ありがとうございました!

アイダイブのご予約はこちらから!

【アイダイブからのお知らせ】

今年のアイダイブ的モルディブクルーズ、日程が11月11日出発の18日帰りになりました。詳しくはクリックして下さい!

「麺屋井むら」さんが食材を用意してくれるBBQ出来ます!詳しくはこちらから!

■ アイダイブの非常勤ガイド・カナコのブログです!

■ アイダイブのFacebookページです。ぜひ「いいね!」をお願いいたします。m(_ _)m

関連記事一覧

お問い合わせ

お問い合せは:info@idive.jp
iDive:金子 裕昭
〒410-3618 静岡県賀茂郡松崎町道部145-1
TEL:0558-43-2050
FAX:0558-43-2311
Mobile:090(2923)5301

最近の記事

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
PAGE TOP