最新の海況を、豊富な写真とともにチェック!

車ダメなら電車で来る雲見【2014年2月16日】

ポイント名 雲見
1ダイブ目:牛着岩 ほぼスタンダードコース
2ダイブ目:牛着岩 グンカン → 湾内
天気 晴れ
風向 東より
流れ ほとんどなし
波・うねり うねり少々
気温 10℃
水温 14℃
透明度:20m
透視度:10m〜14m

先週に続いて今週もすごい雪でしたね。そのせいで今週末もやはり、車で来る予定のゲストはひと組キャンセルになってしまいましたが・・・。なんと、もうひと組は前日車着ではなく、当日朝電車着に切り替えて潜りに来てくださいました。ありがとうございます!
2ダイブ牛着岩ver.9.0予報的には、雲見でのダイビングは難しいかな、と思ったのですが、オープンしました。少しうねりがあるものの波はあまりなく、意外でした。
これはクロスジリュウグウウミウシ亜科の一種。以前はセトリュウグウウミウシの幼体として紹介していました。訂正します!
P1130535クロスジリュウグウウミウシ亜科spこちらはマツカサウミウシの仲間のドト・ラケモサ。以前タマゴを産んでいたガヤからは少し離れた場所にいました。また新たに産卵するのでしょうか?
P1130538ドト・ラケモサクランクの様子です。
DSCF6969クランクへー。これはウスアカイソギンチャクですね。反対側から見たのって珍しいかも。枝にひっついている様子がよく分かります。
P1130542ウスアカイソギンチャクメジナがたくさん群れていました。
DSCF6971メジナ・イスズミイボイソバナガニのオスです。頭に何くっつけてんでしょうね?
P1130546イボイソバナガニ♂今日のカイカムリ君は横顔で。
P1130551カイカムリ横顔うねりのせいか、若干透明度は落ちましたが、それでもこの青さ。
DSCF6973水路下の洞窟2本目はちょっぴりマンボウを意識して、グンカンからスタート。
砂地を横切って、水深16mのアーチ方面へ。
ゲストはソフトコーラルの接写に凝っていました。めっちゃきれいです。(*^^*)
P1130563ソフトコーラルこれはベニクダウミヒドラですね。
P1130573ベニクダウミヒドラお見せしようと思っていたピンクのイロカエルアンコウイソコンペイトウガニは行方不明。(T_T)
そして湾内のイロカエルアンコウも、定位置の岩からとなりの岩に移動していました。動いちゃうかなぁ。
P1130586イロカエルアンコウ雪や西風をものともせず、無事雲見で潜る事が出来ました。
本日の写真提供はMakotoさん。ありがとうございました!

【アイダイブからのお知らせ】

■ 2月20日から24日まで「アイダイブ的久米島」の為、雲見のガイドはお休みです!

■ 2014年5月は宮古島へ!ダイナミックな地形と野外音楽イベント「ミュージックコンベンション」を楽しむ、一粒で二度美味しい欲張りな計画です!

■ もっと詳しい情報はアイダイブのホームページへ!

お問い合わせの場合はこちらのページにメールアドレス・電話番号などあります!

■ ダイビングのあとにリラックスしませんか? リフレクカオカオのご案内

関連記事一覧

お問い合わせ

お問い合せは:info@idive.jp
iDive:金子 裕昭
〒410-3618 静岡県賀茂郡松崎町道部145-1
TEL:0558-43-2050
FAX:0558-43-2311
Mobile:090(2923)5301

最近の記事

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
PAGE TOP