最新の海況を、豊富な写真とともにチェック!

大阪からはるばる雲見へ【2020年11月7日】

西風の影響で少し水面がざわついていました。
富士山は雲の切れ間から少しだけ姿をのぞかせていました。

1ダイブ目:牛着岩(うしつきいわ)島前 → 島前
2ダイブ目:牛着岩(うしつきいわ)モジャモジャ岩 → 島前
3ダイブ目:牛着岩(うしつきいわ)小牛の裏角 → 島前
天気 曇りのち雨
風向 ほとんどなし
流れ 終日下り潮
波・うねり 風波あり
気温 21℃
水温 22.6℃
透視度 → :6m〜7m
透明度 ↓ :8m〜10m

本日のゲストは、はるばる大阪から雲見を目指して来てくれた3人組。
まずは雲見・牛着岩のメインストリートで、地形を楽しむ作戦です。

でも、カスリフサカサゴや。

キリンミノbabyなんかで、ちょいちょい寄り道しながら。

いよいよ、海底迷宮の探検開始。

絵になるHの穴。

ハンパ無い魚群のクランク。

癒しのメガネゴンベ。

2本目はハゼを見に、小牛横の砂地へ。
これはノコギリハギ。群れてます。😅

砂地からちょこっと顔を出していたのは、ハナアナゴ。
ホントはこの人、体長1mくらいあるはずです。

乱舞するスズメダイ達。

ですがその流れのせいか、ヤシャハゼもヒレネジも顔を出さず。
かろうじてヤノダテハゼだけ見ることが出来ました。

ミヤケテグリ。
ライトを当てると、とても鮮やかな体色が浮かび上がります。

ツユベラの幼魚。

キビナゴの群れ!

3本目は小牛の裏角から。
流れは収まらず。ムリしないコース取りを心がけました。

ソフトコーラルにライトを当てるとブルーとピンクの対比が鮮やかな写真を撮ることが出来ます。

クリアクリーナーシュリンプ。

クランクには、一昨日までいなかったキンメモドキの群れが増えていました。
お陰で、より一層濃い魚群となりました。

安全停止中は、小さなトサカガザミを探して写真を撮ったり。

お疲れさまでした!
大阪からはるばる足を運んでいただいて、ありがとうございました!

皆さん、雲見の潜りやすさや船に乗っている時間の短さ、エキジットの楽さ、魚影の濃さに驚いていました〜。

本日の写真提供はまいちゃんでした。ありがとうございます!


《お知らせ》

アイダイブではGoToキャンペーンによる割引がダイビング代に適用されます!
詳しくは下記の記事を見て下さい!

クリック! → 「10月1日よりGoToトラベルキャンペーンが適用されます!

関連記事一覧

お問い合わせ

お問い合せは:info@idive.jp
iDive:金子 裕昭
〒410-3618 静岡県賀茂郡松崎町道部145-1
TEL:0558-43-2050
FAX:0558-43-2311
Mobile:090(2923)5301

最近の記事

2020年11月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
PAGE TOP