最新の海況を、豊富な写真とともにチェック!

ざわざわする雲見【2021年6月3日】

晴れて、ベタ凪!
最高の海況ですね〜。いい事ありそうです!😄

1ダイブ目:牛着岩(うしつきいわ)島前 → ブルーコーナー
2ダイブ目:牛着岩(うしつきいわ)グンカン → ブルーコーナー
天気 晴れ
風向 東寄り
流れ ほとんどなし
波・うねり ほとんどなし
気温 26℃
水温 19℃-20℃
透視度 → :13m〜14m
透明度 ↓ :17m〜18m

今日のお客様はリピーターで、地形や群れがお好きな方です。

Hの穴。

ちょっと浮遊物は多いけど、透視度はいいです!

見上げると、中層にはたくさんのキビナゴが。
最近イワシの群れはよく見かけたけど、キビナゴって久しぶり??

岩の隙間をのぞくと、アカシマシラヒゲエビがクリーニングステーション開業中でした。

オオスジイシモチが口内保育していました。
これ、今年初かな??
ただ、口を開けた瞬間は撮れなかったです〜。

小牛の洞窟へ。
突き当たりの天井には小さな穴があいていて、暗闇に一条の光が差しています。

おや?
ヒメセミエビも抱卵してる!
いよいよ水中は恋の季節。繁殖シーズン突入ですね。

洞窟内に棲むアカネテンジクダイ。

出口の様子です。

海底の迷宮探検を終えて、安全停止のためブルーコーナーに向かう途中。
少し先の中層がキラキラっと光ったので、キビナゴかな?と行ってみると。

驚くほど濃い魚影!
そして、その群れを切り裂く無慈悲な捕食者・カンパチ登場!

続いて、シマアジも!
なんだ、なんだ!
この魚影、この捕食者たち。水中がざわついています。

ようやくブルーコーナーにたどり着きました。
ふと見ると、小さなアカエラミノウミウシが。
これが、今日唯一のウミウシとなりました。

ブルーコーナーです。

2本目は、トビエイ狙い。
ごくゆるい上り潮が流れていたので、西から東へ行くことにしました。
グンカンから入って、ブルーコーナーを目指します。

砂地に寝ていたトビエイのあとは、ちゃんと中層をペアで泳いでいました。

さらに、別個体出現。
うまく、近寄ることができました。

優雅です!

また、中層をふわふわと移動。
すごい数の中を、ゆっくりと泳いでいきます。

あ!ワラサの群れ!
カンパチ、シマアジ、そしてワラサ。
すごいなー、今日はオールスター登場、って感じですね!

マアジの群れ!

その向こうにはイワシも。
魚が何層にも重なって群れています。

たのすぃ〜

おー、大きなアオリイカ。
イカはホバリング出来るから、青魚とは違った方法で捕食してました!

あれ?
向こうから、なんかでっかいのが来た。

え!?
まさか??

ハンマーヘッドシャークじゃん!
しかも4匹!
透視度の関係でよく見えないけど、その向こうにはもっといる??

あー行っちゃった。
一瞬の邂逅でした。

に、しても、すげー。😳

いや〜、面白かった!
水中がずっとざわざわとしていて、何が出てもおかしくない雰囲気がしてました。

私、多分7,000本以上雲見で潜っていますけど。
雲見でハンマーヘッドシャークを見るのは2回目です。
それくらいレアってことですね。

お疲れ様でした!


《お知らせ》

アイダイブは今月、15周年を迎えます!

当店では去年10月以来、GoToキャンペーンの割引を受けられる店舗として運営して参りましたが、緊急事態宣言発出に伴うキャンペーン停止により、現在は中止しております。

現在、GoToキャンペーンは再開の時期、割引率など、わからないことだらけの状況となっています。
ですが、もちろん、キャンペーンが再開されれば当店でもすぐに使えるよう対処します。

クリック! → 「アイダイブでは宿泊した方全員にGoToトラベルキャンペーンが適用されます!

当店では特定の都道府県にお住まいのお客様をお断りする事はしておりません。
今後も感染対策に気を配りながら、開放的な海でのアクティビティを提供していきたいと思います。

関連記事一覧

お問い合わせ

お問い合せは:info@idive.jp
iDive:金子 裕昭
〒410-3618 静岡県賀茂郡松崎町道部145-1
TEL:0558-43-2050
FAX:0558-43-2311
Mobile:090(2923)5301

最近の記事

2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
PAGE TOP