最新の海況を、豊富な写真とともにチェック!

こんなに穏やかな雲見で100本記念【2014年9月29日】

ポイント名 雲見
1ダイブ目:牛着岩 小牛の裏角 → 島前
2ダイブ目:牛着岩 小牛の前角 → トレジャーロック
3ダイブ目:牛着岩 グンカン → 大牛裏
天気 晴れ
風向 南西より
流れ ほとんどなし
波・うねり ほとんどなし
気温 25℃
水温 23℃〜24℃
透明度:14m〜15m
透視度:10m〜12m
今日は平日。リピーターのゲストおふたりとのんびりダイビングでした。しかもそのうちのお一人は、1本目が100ダイブ記念!晴れてあたたかく、海は穏やか。最高の記念日日和ですね。
3ダイブ牛着岩ver.9.0 おめでとうございますっ!(*^^*)
DSCF5447 さて、それでは生き物探し開始です。まずこれはガラスハゼムチカラマツの上をテケテケテケーッと素早く移動して撮りにくい被写体ですが、ばっちりですね。
DSCF9994ガラスハゼ この100本記念ダイバーがザ・カエルアンコウを発見!
DSCF0010ザ・カエル H型のトンネルは今日も魚でいっぱいでした。
DSCF5451Hの穴 これはたて穴の中のベニカエルアンコウ。体長は4cmくらいでした。
DSCF0026ベニカエル これは昨日ゲストが見つけたアジアコショウダイの幼魚。略してアジコ。今日もいてくれました。
DSCF0034アジコ 中層にはキビナゴの群れ。牛着岩を囲むように群れがいて、どこにいても見ることが出来ました。そしてそれをロックオンしたのが狡猾な狩人・アオリイカ
DSCF0043アオリイカキビナゴ 浮上寸前にはツバメウオ・若魚の編隊登場!エキジットするまで気が抜けません!
DSCF5453ツバメウオ 2本目は小牛の湾内側の角からスタート。この辺りにはしばらく前からその存在を知っているのになかなか見つけることのできないベニカエルアンコウがいます。こういうのを相性が悪いって言うんですね。でも今日、ようやく見ることが出来ました。体長は3.5cmくらいですね。
DSCF0051前角のベニカエル ここでもキビナゴの群れ。そしてそれを狙うカンパチも!
DSCF0055カンパチ 水路の前では季節来遊魚メガネスズメダイ幼魚を見ることが出来ました。情報をくれたのは雲見ダイビングサービスはまゆのささめちゃん。ありがとうございます。
DSCF5462メガネスズメダイ そしてこれはフタスジタマガシラの幼魚。これも季節来遊魚ですね。今年は南からの魚がなかなか現れませんでしたが、ここに来てようやく増えてきました。
DSCF5464フタスジタマガシラ これは水路前の岩にいるキモガニ。名前は何だか残念な感じですが、薄いブルーの目がつぶらでかわいいです。
DSCF0068キモガニ 岩壁の穴にすっぽりとはまっていたハリセンボン君。
DSCF0084ハリセンボン 天気はいいし、海は穏やかだし、生き物は色々みつかるし楽しい!ってことで、3ダイブ目に突入です。
3本目は最近あまり行ってなかったグンカンから。穴の奥にクリアクリーナーシュリンプがいるのを見つけましたが、写真は撮れず。
これはアカホシカクレエビです。
DSCF0091アカホシカクレエビ そしてこちらは別の場所にいたイソギンチャクエビ
DSCF0094イソギンチャクエビ ロッカク岩にいる極小のカエルアンコウの仲間。今日は定規を持っているゲストがいたので、生き物の体長を片っ端から計ってみました。このカエルアンコウの体長は2cm弱、ってところですかね。
DSCF0100ロッカク岩カエル ロッカク岩では今日もハナタツを4個体見ることが出来ました。そのうちの1匹の体長も計ってみました。
DSCF0114ロッカクハナタツ そして今日もしっかり見てきました。白いクマドリカエルアンコウ略してシロクマ君。
DSCF0122シロクマ クマドリカエルアンコウに限らず、カエルアンコウの仲間には胸ビレの付け根辺りに水を出すことの出来る鰓孔(さいこう)があります。この写真はその鰓孔がしっかり写っていますね。この穴から水を勢いよく出して移動する事が出来ます。
DSCF0124シロクマの脇の下 いや〜今日も楽しかったですね。3本潜っても潜り足りない感じのする、そんなダイビングでした。後ろ髪引かれる思いで浮上です。
DSCF0132浮上 お疲れ様でした!潜り終わったあとにほっこり幸せな気分になる、そんな1日でしたね。そんな日に100本記念を迎えることの出来たダイバーもラッキーでした。
本日の写真提供はJunkoさん。ありがとうございました!

【アイダイブからのお知らせ】

■ 10月2日木曜日、お休みいただきます。m(_ _)m

来年はマンタ・クジラ・ハンマーヘッドシャークの三冠なるか!アイダイブ的久米島2015のお知らせ!

■ 今年もモルディブに夢を見に!アイダイブ的モルディブクルーズ 2014の詳細です!

■ もっと詳しい情報はアイダイブのホームページへ!

お問い合わせの場合はこちらのページにメールアドレス・電話番号などあります!

■ ダイビングのあとにリラックスしませんか? リフレクカオカオのご案内

関連記事一覧

お問い合わせ

お問い合せは:info@idive.jp
iDive:金子 裕昭
〒410-3618 静岡県賀茂郡松崎町道部145-1
TEL:0558-43-2050
FAX:0558-43-2311
Mobile:090(2923)5301

最近の記事

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
PAGE TOP