最新の海況を、豊富な写真とともにチェック!

女子四人雲見旅【2018年11月3日】

晴れの予報のはずが、曇ってますね〜。

1ダイブ目:黒崎(くろさき)

2ダイブ目:牛着岩(うしつきいわ)小牛の洞窟 → 島前
天気 曇り
風向 北東よりほぼ無風
流れ ごく弱い下り潮
波・うねり ほとんどなし
気温 20℃
水温 21.8℃
透視度 → :5m〜6m
透明度 ↓ :5m〜6m
今日はあの、女子4人組が帰ってきました〜。
前回「ルネッサーンス!」な記念撮影をした、あの4人組です。
4人組は前回も体長3mmほどのフリソデエビを見ていますが、今回も大小のペアをチェック!
大きいほうに続いて、体長5mmの小さいほうもいましたよ。
昨日、アカシマシラヒゲエビにクリーニングしてもらうのが楽しかったので、今日も挑戦。
カメラを持っていない女子が手を提供。パーツモデル、ってやつですね。
残りの3人が激写しました。
コケムシの上にいるミチヨミノウミウシ。
コケムシを食べています。
黒崎と言えば、キンメモドキ。
トンネルの中を、魚をかき分け進みます。
目の周りに蛍光ブルーの線が入っているアオスジテンジクダイ。
この魚を見たあとの会話。
「アイメイクが濃いよね」
「このメイクで会社には行けないね」
「週末用かしら」
「クラブ用かな」
女子トークは留まるところを知りません。
2本目は島裏から。
まずはラブリーなシロタスキウミウシから。
お、いかつい感じ。
これはハナミノカサゴですね。
カミソリウオのメス。今日はオスも見ることが出来ました。
擬態がすごすぎて、もうほとんど存在していないのと一緒です。「(^^; )
一応、ウミカラマツエビらしきエビの仲間が隠れています。
お、これはミノカサゴのベイビー。
さっき見たいかついアダルトとは大違い。
こちらは頭隠して尻隠さず状態のキリンミノ。
でもしっぽの付け根のT字模様はちゃんと見えています。
そして、カスリフサカサゴ。
今日もエダサンゴの奥の撮りにくい場所にいました。
まだまだ終わりません。
極小のアオセンミノウミウシ。
さらにキビレヘビギンポです。
西伊豆では、雲見で一番最初にその存在が確認されました。
今日は雲見に人数の多いチームがたくさん潜りに来ていて、波止場は混雑していました。
そんな中、いの一番に潜りはじめて、一番最初に撤収して帰ってきました〜。
今日はこのあと、B.B.Q.の予定です!早く、食材を準備しなくちゃ。(⌒^⌒)b


アイダイブのご予約はこちらから!

【アイダイブからのお知らせ】

「日本のウミウシ」図鑑の著者、中野理枝さんが雲見に来ます!
12月8日9日の日程で潜って、ウミウシを探して、写真を撮って。
8日夕方には、中野さんによるセミナーを、9日には顕微鏡を使ったワークショップも予定しております。

ウミウシ好きは見逃せません!
是非あなたも中野さんと一緒に潜りませんか??

ダイビングフィーはいつもと変わりません。
8日夕方のセミナー参加費が3,000円、9日のワークショップ参加費が1,000円です。貴重な経験になること、まちがい無しです!

■ 来年も久米島行きます!
1年ほど前に発見されたマンタステーション。
そのポテンシャルは今年1年かけて証明されつつあります!
マンタが舞い、クジラが歌い、ハンマーが跋扈する。
そんな久米島の海へ、ご一緒しませんか??
日程:2019年2月22日(金)〜2月25日(月)

詳細はアイダイブまでご連絡を!

「麺屋井むら」さんが食材を用意してくれるBBQ出来ます!詳しくはこちらから!

関連記事一覧

お問い合わせ

お問い合せは:info@idive.jp
iDive:金子 裕昭
〒410-3618 静岡県賀茂郡松崎町道部145-1
TEL:0558-43-2050
FAX:0558-43-2311
Mobile:090(2923)5301

最近の記事

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
PAGE TOP