最新の海況を、豊富な写真とともにチェック!

ぎりぎり潜れた雲見【2023年12月16日】

今日は昨日から吹き始めた風が続く予報。
朝のうち、一瞬弱くなるとはいえ、その後また風が強くなるので雲見はクローズだなーって、あきらめていました。
が。思いがけず、オープン!😳
午前中、さくっと2ダイブしてきました。😄

1ダイブ目:牛着岩(うしつきいわ)島前 → 島前
2ダイブ目:牛着岩(うしつきいわ)大牛の湾内
天気 曇り
風向 西寄りの風
流れ 下り潮強い
波・うねり 風波あり、うねり中程度 
最高気温 19℃
水温 19℃
透視度 → :15m
透明度 ↓ :18m

1ダイブ目:牛着岩(うしつきいわ)島前 → 島前

牛着岩の裏は波が高いのでエントリーエキジットは湾内限定。
でも、潜降すると透明度がよくて遠くまで見通せました!😍

今日はリピーターのゲストとマンツーマンです。
リングライトを買おうかどうしようかずっと悩んでいる、とおっしゃってたので。
私のリングライトを貸して差し上げました。😄

うねりがあって、体を固定するの大変でしたけど、リングライトで撮影する練習で小さい生き物探しました!

これはセトイロウミウシ。
リングライトがない状態で私が撮ったので、ウミウシの奥に影ができていますね。

一時期すっかりいなくなってしまったキンメモドキ。
かなり、戻ってきていました!

ハクセンミノウミウシ属の一種3。

ヤマトクラカトアウミウシ。
リングライトの調子はどうですか?

赤い手足に青い目。
セグロサンゴヤドカリです。

キビナゴの群れの中、はまゆガイドのちかげちゃんがフロートを上げてくれました。
それに便乗して、我々も浮上です。

2ダイブ目:牛着岩(うしつきいわ)大牛の湾内

2本目も島前から入りました。
波があるので、楽にエントリーエキジット出来る場所は限られますね。
入ってすぐ、体長3cmくらいのカエルアンコウの仲間を見つけました。
体色がレモンイエローで、キレイな個体です。
種類は小さすぎてよくわかりません。

これはベニキヌヅツミ。
タカラガイの仲間です。

個体数が多いハクセンミノウミウシの仲間。

ウニの仲間、トックリガンガゼモドキです。

最後はボンボリイロウミウシで、終了!

アフターダイブ

ダイビングのあと、古民家カフェの浜丁へ。
今日はここで餅つきをするというので、参加させてもらいました。
餅つきなんてやったことないので、なかなかいい音させてぺったんぺったん搗くのは難しかったですね!

搗き立ての餅をさっそく!😆
上の写真はおろし醤油ですが、きな粉や、海苔を巻いたりして色々な味を楽しませてもらいましたよ。
柔らかいのに弾力があって、やっぱり餅米を蒸すところから始めて杵でついたお餅は最高でした。

浜丁は普通にカフェとしてもおしゃれで美味しいし、苔玉教室や餅つきなどイベントもあって、楽しいところです!😍

本日の写真提供は、ひーちゃん。
ありがとうございました!😄


《お知らせ》

アイダイブは年末年始も通常営業です!


「沖縄でOW講習を受けて、お得に雲見で潜ろう!」キャンペーン始めました。
当店が提携している沖縄本島のダイビングショップでOWライセンスを取得すると、当店の宿泊やレンタル器材代が無料になるキャンペーンです。
これからダイバーになりたい方、お友達がダイバーになろうとしている方。
ぜひチェックしてみてくださいね!

 

関連記事一覧

お問い合わせ

お問い合せは:info@idive.jp
iDive:金子 裕昭
〒410-3618 静岡県賀茂郡松崎町道部145-1
TEL:0558-43-2050
FAX:0558-43-2311
Mobile:090(2923)5301

最近の記事

2024年3月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
PAGE TOP