最新の海況を、豊富な写真とともにチェック!

初雲見さん、魚影に驚く【2022年9月15日】

穏やかな晴天、そしてべた凪。
ですが、3連休には台風の影響が出ちゃいそうですね。😣
願わくば、雲見が潜れますように。

1ダイブ目:牛着岩(うしつきいわ)島前 → ブルーコーナー
2ダイブ目:牛着岩(うしつきいわ)小牛の裏角 → ブルーコーナー
天気 晴れのち曇り
風向 ほとんどなし
流れ 下り潮少々
波・うねり なし
最高気温 30℃
水温 25℃〜27℃
透視度 → :7m〜10m
透明度 ↓ :13m〜15m

さて、本日穏やかな雲見を満喫したのは、初めて雲見(というより伊豆)を潜るおひとり様。

まずは、のんびりと地形巡りしましょう!😄

Hの穴に来ると。
すごいキンメモドキの数。😳

行手を阻みます!

あ、いい風景。
と、見上げて撮っていると。

いきなり群れにカメラの前を遮られます!😅

いやー、今日のHの穴はどこもかしこも魚だらけで、最高でしたね!😆

あれ、ハナミノカサゴがこっち来る。
やめてー、こっち来ないでー。💦

イシダイの老生魚。通称はクチグロ。

24(にーよん)アーチ。
ソフトコーラル満開ですね!

ハタンポが邪魔で、テングダイが見えない。😓

ムチカラマツエビ。

ふわっと中性浮力とれています。
今日のゲストは、ブランクを感じさせないスキルの持ち主でした!😄

ブルーコーナーも、群れっむれ。

2本目、エントリーすると。
いきなりキビナゴの群れに囲まれました!

そして、カンパチ軍団登場。

うわ、数が増した!

ん?
捕食者の中に、違う魚種も混じっていますね。
ツムブリかな?

このあと、一気に加速してキビナゴに突っ込んでいました!
圧巻の捕食ショーです!😳

さて、中層をたっぷりと楽しんだ後は、また洞窟巡りに。
これはベニカエルアンコウ。

そして甲殻類のモクズショイ。
体じゅうにカイメンくっつけて、擬態しています。

ナマズみたいな魚はなんですか?ってよく聞かれます。
ナマズじゃありません、イタチウオです。😅

洞窟の天井にあいた穴。
そこに吸い込まれる、吐いた息。

大好きな被写体。
ベニホンヤドカリ。

洞窟の出口。😍

オルトマンワラエビ。

そして、またキンメモドキの群れへ。
ここは何回おかわりしても大丈夫です。😅

抜け穴を抜けると、そこはクレバスの下。

最後はまたブルーコーナーへ。

最後の最後まで気の抜けないのが雲見です。
浮上間際にツムブリの群れが通り過ぎて行きました!

はい、お腹が空きましたね。
今日は久遠さんで二食丼いただきました!

お疲れ様でした!😄


《お知らせ》

しばらくの間、雲見の外洋・沖の根に追加料金なしで潜ることができます。

完全予約制で一日四航海。定員20名/回です。

出航時間 (1)9:30(2)11:00(3)12:30(4)14:00

この機会に是非、外洋にチャレンジしてみてくださいね!😄


アイダイブオリジナルのTシャツやパーカーが買えるオンラインショップのリンクです。
よかったら、お暇な時に見てみてくださいね。

 

関連記事一覧

お問い合わせ

お問い合せは:info@idive.jp
iDive:金子 裕昭
〒410-3618 静岡県賀茂郡松崎町道部145-1
TEL:0558-43-2050
FAX:0558-43-2311
Mobile:090(2923)5301

最近の記事

2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
PAGE TOP