最新の海況を、豊富な写真とともにチェック!

田子でじっくり3ダイブ【2021年8月14日】

今日は強い風のせいで、雲見はクローズとなってしまいました。
8月に入ってから2度目です。😭

他のゲストは日程変更になってしまいましたが、お一人だけ雲見じゃ無くてもいいから潜りたいとご来店いただきました。
ありがとうございます。

1ダイブ目:白崎2番ブイ
2ダイブ目:白崎1番ブイからエントツ
3ダイブ目:白崎1番ブイから防波堤
天気 曇り
風向 南西風強い
流れ なし
波・うねり 湾内でも風波あり
気温 29℃
水温 27℃
透視度 → :6m〜8m
透明度 ↓ :6m〜8m

最初の被写体はアジアコショウダイの幼魚。
ゲストが自力で発見!
しかも、極小なのによく撮れています!

そして、今日一番熱い一瞬は唐突にやってきました!
ゲストが一所懸命写真を撮っているので、何かな、と見てみると。

く、クチナシイロウミウシじゃないですかぁぁぁぁぁ!(絶叫)

私自身、過去に伊豆でこのウミウシを見たのは雲見で1回、田子で3回だけ。
直近でも9年前。レア物です!😍

白崎といえば、この伊豆屈指のエダサンゴ群生地。

サンゴの隙間にはミスジチョウチョウウオや。

アケボノチョウチョウウオが遊んでいました。

2本目は白崎の1番ブイからスタート。
海冒主のガイド・真野さんから教えてもらったウミウシカクレエビ!

は、小さくて2匹いたっていうけど、これは大きめで1匹だけだな?
ま、いっか!😅

これは正しく真野さん情報のゼブラガニ。
穴の奥のシラヒゲウニの上に2匹、乗っていましたー。

ゴンズイが「可愛い😍」っていうゲストの気持ち、私にはわかりません。😅

クリアクリーナーシュリンプが可愛い!
のは、同感です。

ハサミ脚を左右に振って、踊っているようですね。

アカホシカクレエビ。
私がグローブを外してそっと掌を側に置いたら、乗っかってくれました。

でも写真を撮ろうとすると、すっと手から岩の上に戻ってしまって。
シャイなのね。

クマノミ。
白化しかかっているサンゴイソギンチャク、深刻な事態ですが映えます。

渾身の一枚!
アオサハギですね。

シマウミスズメ。

ウミウサギガイの仲間、セロガタケボリ。
絞りを開放して攻めてますねー。😄

ちっちゃくて真っ白なカニの仲間。
大きくなったらどんなふうに変身するのか?

田子でランチといえば、さかなや食堂さんの五目そばでしょう!(涎)

エダサンゴは伊豆でもよく見かけますが、葉っぱ状、または板状のサンゴは珍しいです。

狐目!
あまり見かけない幼魚の正体は?
でも見たことある感じもすごいするし?

ハマフエフキの幼魚でした。

トゲチョウチョウウオ。

スミツキトノサマダイの幼魚。

そして最後は、キイロハギ。

帰りは西伊豆のケーキ屋「SATOUYA」でマンゴーのゼリーをゲット!
甘ったるくなくて、美味しかったです!

本日の写真提供はみやこちゃん。
悪天候にもめげず潜りに来てくれて、ありがとうございました!😆


《お知らせ》

アイダイブは今月、15周年を迎えました!
これを記念して、オリジナルタオル、作ってみました。
上質の今治タオルを使った、数量限定のタオルです!


当店では特定の都道府県にお住まいのお客様をお断りする事はしておりません。

ですがご予約の際には、過去2週間以内に新型コロナウィルスに感染していないこと。
濃厚接触者となっていないことが、条件となります。
あらかじめ、ご了承くださいませ。

今後も感染対策に気を配りながら、開放的な海でのアクティビティを提供していきたいと思います。

関連記事一覧

お問い合わせ

お問い合せは:info@idive.jp
iDive:金子 裕昭
〒410-3618 静岡県賀茂郡松崎町道部145-1
TEL:0558-43-2050
FAX:0558-43-2311
Mobile:090(2923)5301

最近の記事

2022年1月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
PAGE TOP