最新の海況を、豊富な写真とともにチェック!

ワイドで切り取る雲見【2015年8月9日】

ポイント名 雲見
1ダイブ目:牛着岩 ブイ → ブルーコーナー
2ダイブ目:牛着岩 ブイ → ブルーコーナー
3ダイブ目:牛着岩 はまゆのブイ → グンカン
4ダイブ目:牛着岩 はまゆのブイ → グンカン
天気 晴れ
風向 東よりの風
流れ 朝イチ上り潮
波・うねり うねり微小 → 徐々に強く
気温 31℃
水温 25℃〜26℃
透明度:16m〜18m
透視度:10m〜12m
今日も雲見は真夏の日差しが降りそそぐ1日でした。
ゲストをふたつのチームに分けて交互にガイドするスタイル。先発隊は昨日から引き続きの方々。後発隊は電車で到着の5人グループでした。
4ダイブ牛着岩ver.9.0朝のうちはうねりもぐっと静まって、水路も楽に通れました。このままうねり、収まっちゃうのかなと錯覚を抱かせるほど。
お腹が大きな黄色いハナタツは、もうそろそろハッチアウトじゃないかな、と。
DSCF0916ハナタツ水深24mのアーチテングダイです。青い海を背景に黄色い体色が映えます。
DSCF0918テングダイたて穴の上には太陽が。
DSCF0919たて穴安全停止中のブルーコーナーから見るダイバーの泡とキンギョハナダイ、きれいでした!
DSCF0921キンギョハナダイ電車でご到着のグループは、3人がリピーターさんで、あとのおふたりは初・雲見。もちろん地形重視のコースでガイドしてきました。・・・が。朝よりうねりが強くなっています。楽に通れた水路も何だか通りづらい感じに。
それでも上から見るとHの形をしたトンネルや。
DSCF0924Hの穴IMG_0136Hの穴水深24mのアーチを通って楽しんで来ました。ソフトコーラルに上手くストロボを当てることが出来ると、キレイです。
IMG_0140_24アーチこのソフトコーラルは左右の壁に生えています。ワイドレンズで切り取るとダイナミックな地形が際立ちます。
IMG_0141_24アーチ穴の中には、小さなクエも。と言っても50cmくらいはありますが。
DSCF0925クエ先発隊の2本目。船に乗る直前、上がってきたクリオネの宇都宮さんが「ブイ下にウミガメがいて泳ぎ回ってる!」と。
マジデスカ。じゃ、ブイから潜降しましょう!
・・・ま、そんな時ってえてして何も見れないんですけどね。f ^ ^ *)
さて、これはアカホシカクレエビです。
DSCF0930アカホシカクレエビこれはウツボ。ですが、彼がお目当て何じゃありません。目を凝らしてよーく見ると。
IMG_0173ウツボウツボの体表には数匹のクリアクリーナーシュリンプが。
DSCF0932クリクリ水路周辺はうねりが増幅して泳ぎづらい感じですが、島周りはうねりも大したことなく、楽に泳げました。
最後はグンカンで浮上です。臨場感ありますね〜。太陽をバックに浮上するダイバー、カッコイイ。(*^^*)
IMG_0184浮上さあ、明日はうねりどうなるでしょう??
今日の写真提供はコウジさんです。ありがとうございました。

【アイダイブからのお知らせ】

■ 8月12日水曜日、お休みいただきます。m(_ _)m

2016年のアイダイブ的あちらこちら(恒例の久米島や宮古島、モルクルなど)です。

■ ジンベエザメ、マンタ、ハンマーヘッドシャークを狙う夢の8日間!
アイダイブ的モルディブクルーズ2015は11月21日から28日です!このリンクをクリックしてチェック!

■ アイダイブのFacebookページです。ぜひ「いいね!」をお願いいたします。m(_ _)m

■ もっと詳しい情報はアイダイブのホームページへ!

お問い合わせの場合はこちらのページにメールアドレス・電話番号などあります!

■ ダイビングのあとにリラックスしませんか? リフレクカオカオのご案内

関連記事一覧

お問い合わせ

お問い合せは:info@idive.jp
iDive:金子 裕昭
〒410-3618 静岡県賀茂郡松崎町道部145-1
TEL:0558-43-2050
FAX:0558-43-2311
Mobile:090(2923)5301

最近の記事

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
PAGE TOP