最新の海況を、豊富な写真とともにチェック!

いつもと違う雲見【2014年11月24日】

ポイント名 雲見
1ダイブ目:沖の根
2ダイブ目:黒崎
天気 晴れ
風向 東よりの風
流れ ほとんどなし
波・うねり なし
気温 18℃
水温 19℃〜22℃
透明度:20m
透視度:15m
今日も引き続き、穏やかに晴れて静かな海でした。
ゲストはベテランのリピーターばかり7名様。なので1本目は滅多にいけない沖の根に行くことにしました。沖の根は外洋にあるポイントです。ふだん潜っている牛着岩は船で2分もあれば着いてしまいますが、沖の根は10分ちょっとかかります。外洋なので時に強く流れ、風の影響も受けやすいです。つまり簡単には行けないってことですね。
しかもここに行く場合は船をチャーターする形になるので、人数もある程度揃わないとダメ(4名様以上)なんです。
今日はこうした幾つものハードルを全てクリアできる日です。行かない手はないですよね。
下の写真には見にくいですが、沖の根に行く途中にある千貫門が見えています。
DSCF5213千貫門エントリーすると、青い海が広がっていました。
DSCF3152泡さすがの魚影です。
OLYMPUS DIGITAL CAMERAソフトコーラルも大きいですね。見応えがあります。
DSCF5220キサンゴ透明度がいいので、大きな根の全貌がわかりました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERAたとえばマンボウとか、ハンマーヘッドシャークとかそんな大物が今にも出そうで、ドキドキします。
DSCF3120沖の根のかねここれはヒラマサと思われます。びゅんっと素早い動きで獲物を狙っていましたね。
いかにも外洋らしいシーンでした。
OLYMPUS DIGITAL CAMERAそうかと思えば、こんなかわいいキンギョハナダイ(メス)の写真を撮っているゲストがいたり。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA2本目は定番の牛着岩をあえて外して、黒崎へ。最近頻繁に目撃されているウミガメ狙いです。
黒崎も青く、魚影は濃かったです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERAいい感じですね。
DSCF5223黒崎の魚影黒崎の洞窟・入口の壁には定番のハナタツもいたのですが、場所が悪くて写真はうまく撮れず。
これはヒラメです。結構大きなサイズでした。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA これはゲストが自力で見つけたトガリアヤメケボリです。見事な擬態ですね。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA黒崎のトンネルの様子です。
DSCF5224黒崎のトンネルロギングの時、この写真が披露された瞬間歓声が上がりました。「まるでパノラマ写真みたい」
OLYMPUS DIGITAL CAMERA午前中でさくっと2ダイブ終了。ランチを食べに行く為に素早く撤収しました。(*^^*)
いや〜今日は青い海を思い切り堪能。定番の牛着岩には行かずにランチも食べに行く、という異例ずくめの展開で楽しい1日でした。
本日の写真提供はHirobumiさん、Yukoちゃん、Yumikoさんです。ありがとうございました!

【アイダイブからのお知らせ】

■ アイダイブのFacebookページです。ぜひ「いいね!」をお願いいたします。m(_ _)m

■ 来年はマンタ・クジラ・ハンマーヘッドシャークの三冠なるか!アイダイブ的久米島2015のお知らせ!

■ もっと詳しい情報はアイダイブのホームページへ!

お問い合わせの場合はこちらのページにメールアドレス・電話番号などあります!

■ ダイビングのあとにリラックスしませんか? リフレクカオカオのご案内

関連記事一覧

お問い合わせ

お問い合せは:info@idive.jp
iDive:金子 裕昭
〒410-3618 静岡県賀茂郡松崎町道部145-1
TEL:0558-43-2050
FAX:0558-43-2311
Mobile:090(2923)5301

最近の記事

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
PAGE TOP