最新の海況を、豊富な写真とともにチェック!

ベテラン達の雲見【2019年11月17日】

今日も晴れました。
今年は週末に天気の悪いことが多かったですよね〜。
週末が2日間とも晴れだと、それだけで得した気分です。
1ダイブ目:牛着岩(うしつきいわ)24ブイ → ブルーコーナー
2ダイブ目:牛着岩(うしつきいわ)島裏 → 大牛の洞窟
天気 晴れ
風向 ほぼ無風
流れ 下り潮強い
波・うねり 浅場に弱いうねり
気温 20℃
水温 23.4℃
透視度 → :10m〜12m
透明度 ↓ :14m〜16m
今日は一番本数の少ない人が500本というベテラン達5人が集結しました。
1本目はニシキフウライウオ狙いで24ブイからスタート。
そしたら、久しぶりの激流でした。
皆でしっかり潜降ロープにつかまりながら、降りていきました。
今日はオスとメス、場所は離れていましたが両方見ることが出来ましたよ。
おや。久しぶりに見かけました。
イボイソバナガニのメスですね。
お!モリサンチュウ・・・じゃなかった。
アナモリチュウコシオリエビです。
そして、今日も可愛いウミウサギ貝の一種を見つけました。
名前は、ツマニケボリです。
が、ツマニって、なんでしょ?
図鑑であてられた漢字を調べると「褄丹毛彫」とありました。
「褄(つま)」とは普段使わない字ですが、ネットで調べると「着物の裾の左右両端の部分」とのこと。
そして、丹とは赤い、という意味です。
つまり両端が赤いという意味ですね。
意味が分かって改めて見てみると、外套膜から透けて見える貝殻の両端が赤く染まっています。
なるほど!
つまり、見たまんまの名前、ってことですね!
日本語って、奥が深いです。
キイロウミウシ。
は、残念ながら名前にそこまで深い由来は無さそうです。
激流の中、ブルーコーナーで安全停止。
2本目は島裏でエントリー。
流れに乗って、ゆら〜と大牛の洞窟へ。
これは、白いカイメンを摂餌中のウミウシですね。
背中の白い線が、二次鰓の付け根を囲っていればアラリウミウシ。
囲っていなければクラサキウミウシなのですが。
うーん、二次鰓が邪魔でイマイチどちらだか分かりません。(-_-;)
こちらは二次鰓の手前で白い線が止まっているのでクラサキウミウシ決定!
サクラテンジクダイ。
体がすっけすけです。
洞窟の中にしか生息していない、ちょいとレアなネンブツダイの仲間ですが、雲見では普通種です。
これは幅が4cmほどの石ころ。
じゃなくて、マルコブカラッパというカニの仲間。
ダイバーに驚いてちょこっと動かなかったら、スルーしてしまうところでした。
そしてこれはナカザワイソバナガニ。
うーん、締めがこれか。地味だな。
ま、こんな日もありますね。「(^^; ) 
今日は2ダイブで終わったので、ランチはいつものお店へ。
週替わり定食が「豆腐と牛すじの煮込み」賄いうどんが「牛すじとパクチーのベトナム風」
え!どっちも食べたい!
ってことで、定食に賄いうどんも付けちゃうパワーランチ、行っときました。
え、どっちも牛すじじゃないかって?
それがなにか?( ̄∀ ̄;ノ)

だって、煮込みは甘辛しょっぱい味。
うどんはさっぱり塩味ですが牛すじの出汁が出て、パクチーと絶妙のコラボレーション。
同じ食材でも、こんなに違うんだなーって思える組み合わせでした。

いや〜今日も楽しかったですね。
ベテラン揃いだとさくさくっと潜れてスピーディに物事が進んでいきます。
明日も雲見で潜る予定です!


 

アイダイブのご予約はこちらから!

【アイダイブからのお知らせ】

■ 「麺屋井むら」さんのお休み予定
11月23日24日の土日はお休みです!

アイダイブ・オリジナルTシャツ出来ました!
汗をかいてもサラサラな着心地のドライメッシュ素材!
滑らかで動きやすく、UVカット機能も備わっています!
そしてなんと12サイズ41色から自由に選んで注文できます!
このTシャツのご注文は今年いっぱいで締め切らせて頂きますね。
頼むなら、今です!
詳しい注文の方法はここをクリックしてくださいね!

■ 『マリンダイビング』1,000円OFFクーポン使えます!
アイダイブを初めてご利用されるお客様に限り、お使いいただけます。
ご予約の際に必ずご利用希望とお申し出ください!
このバナーをクリックすると、マリンダイビングWebのクーポン画面に飛ぶことが出来ます!
 icon-link さらに詳しい情報はここをクリックしてください!

「麺屋井むら」さんが食材を用意してくれるBBQ出来ます!詳しくはこちらから!
新しくできたパーゴラが活躍しますよ!

PayPay 使えます!
アイダイブでも、導入してみました!
クレカと連動させるか、ご自分の銀行口座(全ての銀行の口座が可能というわけではありません。ゆうちょ銀行とは相性がいいです)と連動させる仕組みです。
Suicaのように予めチャージしておくことも出来ます。
ただクレカと連動させたお支払いの場合、2万円以上は決済できませんのでご注意ください。

関連記事一覧

お問い合わせ

お問い合せは:info@idive.jp
iDive:金子 裕昭
〒410-3618 静岡県賀茂郡松崎町道部145-1
TEL:0558-43-2050
FAX:0558-43-2311
Mobile:090(2923)5301

最近の記事

2019年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
PAGE TOP