最新の海況を、豊富な写真とともにチェック!

新年二日目も雲見でウミウシ探し【2024年1月2日】

海底まで揺れた底うねりは一日で解消しました!
今日はまた、特に制限なく潜る事が出来ましたよ。

1ダイブ目:牛着岩(うしつきいわ)大牛の洞窟周辺
2ダイブ目:牛着岩(うしつきいわ)ブルーコーナー → 島前
天気 小雨のち曇り
風向 ほぼ無風
流れ ほとんどなし
波・うねり ほとんどなし
最高気温 12℃
水温 17℃
透視度 → :14m〜15m
透明度 ↓ :17m〜18m

1ダイブ目:牛着岩(うしつきいわ)大牛の洞窟周辺

今日はベテランリピーターお二人とダイビング。
天気が悪いので海の中は暗めですが、透明度はかなり回復していました。

今日も、主にウミウシを被写体にして潜ってきました!
まずはとにかく数が多いハクセンミノウミウシ属の一種3。

ヤマトクラカトアウミウシ。

体長2mm?😳
極小のウデフリツノザヤウミウシ。
潜る前に情報をもらって、無事見つける事が出来ました。

ケラマミノウミウシ。

触角が緑色?
まだ和名のない、ゴシキミノウミウシ属の仲間のようです。

マツカサウミウシ。

セスジミノウミウシが3個体。

ハレギミノウミウシ。

シロイバラウミウシ。

キャロットシード?
いえ、アカメミノウミウシのようです。

むむ!
初見のウミウシ!
「日本のウミウシ第二版」によると、トノイバラウミウシのようです。
レア物ゲット!😳

ユビワミノウミウシ。

ヘリシロイロウミウシ。

透明度のいい水中で、ひたすら壁を見つめます!😅

ウミウシではありません。
ウミウサギガイの仲間の、ツマニケボリ。

キャラメルウミウシ。

ホムライロウミウシの黄色バージョン。

お!10日ほど前にも見たヨツスジミノウミウシ科の一種9ですね。
ゲストが見つけて写真を撮りました!😄

ホシアカリミノウミウシ。

最後はフタスジミノウミウシです。
毎日のように見かける定番のウミウシ(アオセンミノウミウシ、ネアカミノウミウシ、アオウミウシ、サラサウミウシ、シロウミウシなど)は載せませんでしたが、それでもネタには困りません!
今、雲見はウミウシ好きダイバーにとって天国のような場所となっています!😆

ランチ

ランチは古民家cafe浜丁へ。
ここのメニューのひとつ「松崎風雑煮」をいただくのが目的です!
先日の餅つき大会で搗いたお餅入り!
ミツバなどではなく、カキナの入っているのが松崎風なのかな?
付け合わせのたくあんも自家製!
しっかり大根の味がしてピリッと辛味も感じるのに、最後は自然な甘みも感じる絶品のおしんこでした。

たけちゃんは三日間、えみさんは二日間のダイビングお疲れ様でした。
ありがとうございました!😄


《お知らせ》

2月9日(金)から12日(月)までお休みいただきます。


「沖縄でOW講習を受けて、お得に雲見で潜ろう!」キャンペーン始めました。
当店が提携している沖縄本島のダイビングショップでOWライセンスを取得すると、当店の宿泊やレンタル器材代が無料になるキャンペーンです。
これからダイバーになりたい方、お友達がダイバーになろうとしている方。
ぜひチェックしてみてくださいね!

 

関連記事一覧

お問い合わせ

お問い合せは:info@idive.jp
iDive:金子 裕昭
〒410-3618 静岡県賀茂郡松崎町道部145-1
TEL:0558-43-2050
FAX:0558-43-2311
Mobile:090(2923)5301

最近の記事

2024年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
PAGE TOP