最新の海況を、豊富な写真とともにチェック!

春濁り?な雲見【2018年10月28日】

富士山の雪、だいぶ少なくなった感じがします。
今日はうねりがありましたが、それほど強くなく、楽しめる範囲でした。

1ダイブ目:牛着岩(うしつきいわ)小牛の裏角 → ブルーコーナー

2ダイブ目:黒崎(くろさき)
天気 快晴
風向 西より
流れ 軽い下り潮
波・うねり あり
気温 22℃
水温 23.2℃
透視度 → :6m〜8m
透明度 ↓ :8m〜10m
リピーターのゲストとマンツーマンで、のんびりと潜ってきましたよ。
1本目は島裏からスタート。
最初にカミソリウオを見に行きましたが、発見できず。
あれ?(-_-;)
小牛の洞窟では、キカモヨウウミウシと。
シロタスキウミウシだけ見て、洞窟の中へ。
暗がりに潜むアカネテンジクダイ。
の、後ろに、ヒメセミエビもいます。
数日前から透明度が落ちたそうです。
それでも、魚はたくさん、群れています。
ローガンズ泣かせのアヤトリカクレエビ。
ほとんど、嫌がらせと言っていいほどの擬態です。
まるで春濁りのときのような、水の色ですね。(゜゜;)
テングダイもびっくりしたそうです。
2本目は黒崎へ。
フリソデエビが2匹に増えたと聞いて、見て来ました。
左の大きい個体にピントがあったら、右の小さい個体にはピントが合いませんでした。
一応、2匹います、という証拠写真です。f ^ ^ *)
大きいほうの個体。
べっぴんさんですね〜。
小さいほうの個体。
エサのヒトデがなくなりそう。Σ( ̄ロ ̄lll)
洞窟前の魚群、数が増えていました。
クリアクリーナーシュリンプ、今年もあちこちでたくさん見かけます。
大きく育ったアカシマシラヒゲエビも健在。
出口の風景。
イサキも群れ群れ〜。
黒崎のトンネルは、うねりでふわんふわんと揺れていました。
そしてここも、春濁りのような水の色でしたね。
早く、また青い海に戻るといいなぁ。
ランチは麺屋井むらさんへ。
今週の週替わり定食は「野菜たっぷり麦豚しゃぶしゃぶ」でした。(*^^*)
お疲れさまでした!


アイダイブのご予約はこちらから!

【アイダイブからのお知らせ】

「日本のウミウシ」図鑑の著者、中野理枝さんが雲見に来ます!
12月8日9日の日程で潜って、ウミウシを探して、写真を撮って。
8日夕方には、中野さんによるセミナーを、9日には顕微鏡を使ったワークショップも予定しております。

ウミウシ好きは見逃せません!
是非あなたも中野さんと一緒に潜りませんか??

ダイビングフィーはいつもと変わりません。
8日夕方のセミナー参加費が3,000円、9日のワークショップ参加費が1,000円です。貴重な経験になること、まちがい無しです!

■ 来年も久米島行きます!
1年ほど前に発見されたマンタステーション。
そのポテンシャルは今年1年かけて証明されつつあります!
マンタが舞い、クジラが歌い、ハンマーが跋扈する。
そんな久米島の海へ、ご一緒しませんか??
日程:2019年2月22日(金)〜2月25日(月)

詳細はアイダイブまでご連絡を!

「麺屋井むら」さんが食材を用意してくれるBBQ出来ます!詳しくはこちらから!

関連記事一覧

お問い合わせ

お問い合せは:info@idive.jp
iDive:金子 裕昭
〒410-3618 静岡県賀茂郡松崎町道部145-1
TEL:0558-43-2050
FAX:0558-43-2311
Mobile:090(2923)5301

最近の記事

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
PAGE TOP