最新の海況を、豊富な写真とともにチェック!

「大瀧詠一ソングブック」【2015年4月15日】

先日、NHKのBSプレミアムで放映された「大瀧詠一ソングブック」という番組を録画で見ました。
日曜の夜中0時から開始(放送されたのは3月29日)という遅い時間帯、しかも2時間番組。見た人はほとんどいないでしょうね。f ^ ^ *)

大瀧詠一と言えば、私にとっては「A LONG VACATION」(通称「ロンバケ」)というアルバム(CDはまだありません、レコードでした)と同義語と言えます。
このアルバムの発売は1981年。私は16歳、高校1年生でした。
今でも初めて聞いたときの衝撃を忘れられません。それまで聞いたことの無いようなセンスのいい楽曲が透明感のある美しい声で歌われています。
友人からテープにダビングしてもらったので、歌詞は分かりません。その友達に家の電話を使って電話し、何と言っているのか聞いたことを思い出します。

しかしそのあと、次のレコードを心待ちにするも、なかなか出ず。ようやく3年後に「EACH TIME」が出るのですが、なんとこれが最後のオリジナルアルバムとなってしまいます。
「EACH TIME」から、もう30年が経っているんですね。(*´Д`)=з

ちなみに80年代と言えば、日本のPOPシーンがいちばん元気だった頃ではないでしょうか。
松田聖子は1980年にデビューしたあと、出す曲出す曲必ずオリコンチャート1位になるという快進撃を続けていました。他にも中森明菜や小泉今日子、また薬師丸ひろ子といった、いわゆるアイドルと言われる人たちがいましたし、のちに「J-POP」に取って代わられる「ニューミュージック」と言われたジャンルのシンガー達も活躍していました。
しかし大瀧さんの曲はどのジャンルにも当てはまらないような気がしました。一番近いと感じたのはいわゆる「洋楽」でしょうか。
もちろんこの言葉も意味の範囲が広すぎて曖昧なのですが、気分として、です。

大瀧さんがデビュー当時在籍していたのは「はっぴぃえんど」というバンドでした。
このバンドにはのちに作詞家、プロデューサーとして成功する松本隆さん、伝説のテクノバンドYMOのリーダーとして坂本龍一教授や高橋幸宏さんと一世を風靡する前の細野晴臣さんなどがメンバーでした。この人脈の凄さ・広さも大瀧さんの特徴のひとつですね。

特に私にとっては松本隆さんとの関係が印象的です。松本さんが作詞、大瀧さんが作曲という形で数々の名曲を世に送り出しているのですが、どれも好きな曲なんです。この2人が作ったということはかなり後になって知った曲がほとんどですから、私の好みに合っているんでしょうね。

また大瀧さんが長い沈黙を破って1997年に発表したシングルの題名が「幸せな結末」(つまりHappy end)というのも無関係ではないと思います。

さて最後のオリジナルアルバムから30年もの間、沈黙を保っていたかのような大瀧さんも他の人への楽曲提供はしていたんですね。その一部を書き出してみました。ちなみにこれらの曲の大部分が作詞松本・作曲大瀧のコンビで作られたものです。

「夢で逢えたら」吉田美奈子 1976年 ※のちにラッツ&スターがカヴァーしてヒット
「さらばシベリア鉄道」太田裕美 1980年 ※のちにセルフカヴァー曲が「ロンバケ」に収録
「風立ちぬ」松田聖子 1981年
「あなただけI LOVE YOU」須藤薫 1981年
「冬のリヴィエラ」森進一 1982年
「探偵物語」薬師丸ひろ子 1983年
「熱き心に」小林旭 1985年
「バチェラー・ガール」稲垣潤一 1985年
「怪盗ルビィ」小泉今日子 1988年 ※小泉今日子主演映画の主題歌で小泉今日子とデュエットしている

他にも西田敏行さんとか渡辺満里奈さん、市川実日子さんにも楽曲を提供したことがあるようです。
(これらの大瀧さんが他のアーティストに提供した曲を集めた「大瀧詠一SongBookⅠ」というCDが出ていることを昨日知りました)
こう書き出してみて思うこと。それは作曲したのが大瀧さんだと知らなくても、私はこれらの曲が気になったし好きだったということ。
つまり、大瀧さんの作り出す音楽そのものが好きなんでしょうね。

特に「冬のリヴィエラ」や「熱き心に」は、普通だったら接点がないアーティストの歌です。
ただどちらもCMソングだったと思いますから、自然に耳に入ってきたんでしょうね。

今回録画で見た「大瀧詠一ソングブック」は、ほとんど知らなかった大瀧さんの人となりや音楽に対する考え方、デビューから「ロンバケ」で世間的な認知が高まるまでの10年間、年代で言うと70年代に行っていた前衛的な音楽のこと、など謎だった部分がかなり明確になりました。
何気なく見たこの番組のおかげで、大瀧さんの才能、センス、知識に脱帽。あらためて尊敬の念を抱いてしまいました。

で、ここ数日は大瀧さんの曲ばかりを聴いて過ごしています。マイブーム到来です。
持っていない曲も、今は簡単にDL出来たり、アマゾンから取り寄せられたり。便利ですね。
番組を見終わってから、もう一週間くらい経っていますが、未だに余韻が自分の中にあって不思議な気分です。
この高揚したような心持ちを誰かに分かってもらいたくて、珍しくブログにアップしてみた次第でした。
同世代の方には分かっていただけるかなぁ・・・。f ^ ^ *)

【アイダイブからのお知らせ】

■ アイダイブ的宮古島2015は日程が一週間前倒しになりました!

■ 大海原のど真ん中へ!アイダイブ的銭州2015のお知らせ!定員まであとおひとり様、ご予約お待ちしております!

■ 今年のアイダイブ的モルクルは2015年11月21日土曜日〜28日土曜日です!

■ アイダイブのFacebookページです。ぜひ「いいね!」をお願いいたします。m(_ _)m

■ もっと詳しい情報はアイダイブのホームページへ!

お問い合わせの場合はこちらのページにメールアドレス・電話番号などあります!

■ ダイビングのあとにリラックスしませんか? リフレクカオカオのご案内

関連記事一覧

お問い合わせ

お問い合せは:info@idive.jp
iDive:金子 裕昭
〒410-3618 静岡県賀茂郡松崎町道部145-1
TEL:0558-43-2050
FAX:0558-43-2311
Mobile:090(2923)5301

最近の記事

2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
PAGE TOP