最新の海況を、豊富な写真とともにチェック!

幸せ感じる雲見【2014年6月29日】

ポイント名 雲見
1ダイブ目:牛着岩 島前 → ブルーコーナー
2ダイブ目:牛着岩 24ブイ → ブルーコーナー
天気 晴れ
風向 西よりだんだん強く
流れ ほとんどなし
波・うねり 徐々に強く
気温 25℃
水温 20℃〜21℃
透明度:17m〜18m
透視度:10m〜12m
今日は、本当なら銭州へ行くはずだったメンバーと雲見で潜ってきました。
2ダイブ牛着岩ver.9.0昨日は水温の冷たさにビックリしましたが、今日の雲見は水温が20℃から21℃とほっかほか。透明度もおとといよりかなりアップしており、ワイドにマクロと存分に楽しんできました。
まず最初に見に行ったのは、昨日はまゆのガイド・ささめちゃんがみつけたカエルアンコウ。親指くらいの大きさで、何故か毛むくじゃら。
IMG_0319カエルアンコウ久しぶりにカエルアンコウの仲間がみつかりましたね。しかも比較的数の多いベニカエルアンコウ(もっともこのところ見ることが出来ていませんが)とかではなくカエルアンコウ。今日、見ることの出来たメンバーは幸せです。なのでもう一枚、別角度から。
DSCF0100カエルアンコウお次は穴から顔を出すコケギンポの仲間。
DSCF0096コケギンポそして魚の群れも健在です。
DSCF7812群れかき分けて泳ぐのが、楽しくて。(*^^*)
DSCF7814キンメモドキゲストが見つけたセンヒメウミウシ
DSCF0111センヒメ今日もハナタツ見に行きました。まずこれは黄色と赤のひとりぼっちハナタツ
DSCF0131ハナタツあとの2匹、黄色と、赤トゲは何故かしっぽをからませ合って同じ場所にいました。なかよしです。
DSCF7823ハナタツ2匹ブルーコーナーではニシキベラの集団産卵が真っ盛り。たくさんのベラが一斉に中層へと泳ぎ上がり、ぱっぱっとタマゴと精子を同時に放出します。これらは水中で受精してそのまま潮で遠くへと流されていくんですね。子孫を出来るだけ拡散させようとするベラのしたたかな戦略です。
DSCF7827ニシキベラブルーコーナーの水深は5m前後。安全停止しながら群れる魚を楽しんだり、ウミウシなどを探したり出来るステキな場所です。
DSCF7834キンギョハナダイ越しのダイバー2本目は中層でトビエイを探す作戦です。と思ったら、あっという間にゲット!
DSCF0142トビエイこの後もしばらく泳いでいくと、イワシの群れに遭遇。
DSCF7836イワシひとしきり中層を楽しんだあとは、また生き物探しに。
これはヒロウミウシ。小指の爪ほどの大きさですが、触角のヒダまでしっかり撮れています。
DSCF0148ヒロウミウシこれも小さなウミウシですが、今雲見ではたくさん見かけます。ムラサキウミコチョウ
DSCF0152ムラサキウミコチョウ大牛の洞窟にいるカナメイロウミウシ。移動していましたが、ゲストが見つけてくれました。
DSCF0156カナメイロなかよしのシロウミウシ
IMG_0468なかよしシロウミウシ最後もブルーコーナーで安全停止。これはメジナの群れです。
DSCF0170メジナ今日はあったかい・きれい・生き物いっぱいと、いい条件の揃った雲見を潜る事が出来て幸せでした。(*^^*)
本日の写真提供はEmiさん、Muraさんです。ありがとうございました。

【アイダイブからのお知らせ】

■ 今年もモルディブに夢を見に!アイダイブ的モルディブクルーズ 2014の詳細です!

■ 4月1日より当店のダイビングフィーを価格改定させていただきました。ご理解のほどよろしくお願いします。

■ ドライスーツの初回レンタル料無料!初めての方も丁寧にレクチャーするので大丈夫。ぜひチャレンジしてくださいね。

■ もっと詳しい情報はアイダイブのホームページへ!

お問い合わせの場合はこちらのページにメールアドレス・電話番号などあります!

■ ダイビングのあとにリラックスしませんか? リフレクカオカオのご案内

関連記事一覧

お問い合わせ

お問い合せは:info@idive.jp
iDive:金子 裕昭
〒410-3618 静岡県賀茂郡松崎町道部145-1
TEL:0558-43-2050
FAX:0558-43-2311
Mobile:090(2923)5301

最近の記事

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
PAGE TOP