最新の海況を、豊富な写真とともにチェック!

明日は荒れる雲見【2023年11月23日】

今朝はこんなに穏やかでした。
明日(というか今夜から)、強い西風が吹いて海が荒れるとは思えない静けさです。😣

1ダイブ目:黒崎(くろさき)浅根 → 先端
2ダイブ目:牛着岩(うしつきいわ)24ブイ → 島前
天気 晴れ
風向 ほとんどなし
流れ ほとんどなし
波・うねり まったくなし → 風波少々
最高気温 19℃
水温 20℃
透視度 → :7m〜10m
透明度 ↓ :10m〜14m

1ダイブ目:黒崎(くろさき)浅根 → 先端

昨日から引き続きのゲストとマンツーマンダイブです。
明日から荒れることを思うと、昨日今日と穏やかな雲見で潜れたのは、ラッキーでした。

昨日、牛着岩で2本潜ったので、今日は黒崎の浅根からスタート。
根の上のエダサンゴの隙間にいる生き物を探しました。
たとえば青い目をしたキモガニとか。

爪が赤いアカテヒメサンゴガニ。

これはヒメドメシアガニ。
黒崎ではたくさん見かけます。

ホントはカスリフサカサゴを見つけたかったのですが、不発。
かろうじて、セダカギンポのみ見つけることが出来ました。

最近、普通に雲見で目にするようになりましたが。
以前はいなかったメガネゴンベ。
温暖化の影響でしょうか?🙄

極小のイソコンペイトウガニ。
私の左手の親指と人差し指と比べれば、その小ささがわかると思います!

中層には、魚の群れ。

行き止まりの洞窟にも、群れ!

ウミウシは少なめ。😣
これはセトイロウミウシ。

安全停止をしていた浅い岩場に、ツバメウオの若い個体が二匹泳いでいました!
何気に、今年初かも!😳

2ダイブ目:牛着岩(うしつきいわ)24ブイ → 島前

2本目は牛着岩に戻って。
ホンソメワケベラにクリーニングされているテングダイ。

最近、あまり見かけなくなったニシキウミウシ。

貝の仲間・ベニキヌヅツミ。

寄り添うトラフケボリ、も貝の仲間です。

移動中。

24アーチの中には、鮮やかな赤い色をしたアカマツカサの群れ。

昨日見た20cmクラスのカエルアンコウを探すも、行方不明。
そしたら、30cmオーバーのでっかいの、代わりに見つけました!😅

でっかい次はちっこいの!
人差し指の爪ほども無いかわいいカエルアンコウの仲間です。

サラサウミウシ。
こうした普通種が増えてくれないと、ね。

水路下の洞窟へ。

ここには20cm級の白いオオモンカエルアンコウがいます。

あ!

時々見せる、あくび行動。
どういう意味があるんでしょうか?

にしても、お腹ぽんぽこりんですね。
相当な大物を飲み込んだばかりと見ました。😳
飲み込んだ魚の形がまだ残っています。
これから消化しちゃうんだろうなー。

今日のゲストはこのあと、ランチを食べずに現地で解散!
急いで帰りたいとのことでした。
二日間、お疲れ様でした!


《お知らせ》

「沖縄でOW講習を受けて、お得に雲見で潜ろう!」キャンペーン始めました。
当店が提携している沖縄本島のダイビングショップでOWライセンスを取得すると、当店の宿泊やレンタル器材代が無料になるキャンペーンです。
これからダイバーになりたい方、お友達がダイバーになろうとしている方。
ぜひチェックしてみてくださいね!

 

関連記事一覧

お問い合わせ

お問い合せは:info@idive.jp
iDive:金子 裕昭
〒410-3618 静岡県賀茂郡松崎町道部145-1
TEL:0558-43-2050
FAX:0558-43-2311
Mobile:090(2923)5301

最近の記事

2024年3月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
PAGE TOP