最新の海況を、豊富な写真とともにチェック!

申し分ない雲見【2023年8月26日】

今日もべた凪快晴!
でしたが、潜り終わってランチを食べている時にざっとひと雨来ました。

1ダイブ目:黒崎(くろさき)先端 → 浅根
2ダイブ目:牛着岩(うしつきいわ)小牛の裏角 → ブルーコーナー
天気 晴れ
風向 ほとんどなし
流れ ほとんどなし
波・うねり なし
最高気温 31℃
水温 27〜28℃
透視度 → :13m〜14m
透明度 ↓ :18m〜20m

昨日から引き続きの4人組とお一人様の計5人のダイバーと潜って来ました。

1本目は牛着岩ではなく、あえて黒崎へ。

アジアコショウダイの幼魚!
最近、よく見かけるようになって来ました。

まだ8時台の朝の光が、斜めに差し込んでいました。

浅根下のトンネルへ。
ここにはかなりの数の魚が・・・、あれ?

いや、こんなはずじゃ。
こんなまばらな数ではなかったはず。😓

あーびっくりした。
こっちにいたのかー。

うん、すごい数です!
よかった!😄

最後は浅根の上で安全停止。

2本目。
最初は少しハンマーを意識して、中層をふわふわ〜と泳いでみました。
最近目撃情報が多いハンマーヘッドシャークですが、まあ、そんなに都合よく現れてはくれません。😅
でも青くて透明度のいい広々とした海を満喫できました。

クエが見たい!というリクエストで、クエ穴をのぞきましたが、今日はいません。
そのあと、24アーチのソフトコーラルを楽しんで。

あ、あら!😳
こんなところにいたんだ!クエ!
でも、尻尾!

はは。
隙間からじっとこっち見てる。
それにしても大きいですねー、20kgはありそうです。

クランクのキンメモドキ!

すぐそばのダイバーが見えないのも、いつものことです!

おや?
普段はソフトコーラルなどにくっついているタカラガイの仲間・ツマニケボリ。
珍しく触覚を出して、岩の上を移動中でした。
ある意味、レア物です。

抜け穴を通って、水路下の洞窟へ。

雲見ならではの景色の中を泳ぐダイバーです。

明かり取り窓(と呼んでいる穴)からは、夏の日差しが差し込んでいました。

洞窟の突き当たりの景色です。
これも雲見の絶景の一つですね!

ダイバーの吐く泡がキレイ!
これも岩の隙間から一列に空気の出る雲見ならではの風景ですね。
通称・エアカーテンです!

キビナゴの群れ!

二日間潜った4人組。
最後に記念撮影!

はい、お疲れ様でした!
ランチの後、浜丁という古民家カフェへ行って、みんなはかき氷を。
私はところてんの黒蜜をいただきました。

はい、お疲れ様でした。
気をつけて帰ってくださいね!


《お知らせ》

「沖縄でOW講習を受けて、お得に雲見で潜ろう!」キャンペーン始めました。
当店が提携している沖縄本島のダイビングショップでOWライセンスを取得すると、当店の宿泊やレンタル器材代が無料になるキャンペーンです。
これからダイバーになりたい方、お友達がダイバーになろうとしている方。
ぜひチェックしてみてくださいね!

 

関連記事一覧

お問い合わせ

お問い合せは:info@idive.jp
iDive:金子 裕昭
〒410-3618 静岡県賀茂郡松崎町道部145-1
TEL:0558-43-2050
FAX:0558-43-2311
Mobile:090(2923)5301

最近の記事

2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  
PAGE TOP