最新の海況を、豊富な写真とともにチェック!

雲見でウミウシ探し【2023年7月2日】

梅雨の晴れ間ですね!
富士山がキレイに見えました。

1ダイブ目:牛着岩(うしつきいわ)24ブイ → ブルーコーナー
2ダイブ目:牛着岩(うしつきいわ)大牛の洞窟
天気 晴れ
風向 ほぼ無風
流れ ほとんどなし
波・うねり ほとんどなしから、うねり段々強く中程度に
最高気温 27℃
水温 19〜21℃
透視度 → :5m〜8m
透明度 ↓ :5m〜8m

今日はヘビィリピーターのゲスト4名様集結。
リクエストはウミウシでした。早速行ってみましょう!

エントリーしてすぐ見つかったのは、リュウモンイロウミウシ。

少しキンメモドキの群れに寄り道。

これをスルーはできません!😅

グラデーションカラーのソフトコーラルもキレイです。

さて、ウミウシ探しに戻りましょう。
まずはミツイラメリウミウシの白バージョン。

極小のコトヒメウミウシ。

ミツイラメリウミウシの黄色バージョン。

シロシキブイロウミウシ。

センテンイロウミウシの仲間。

これは?
ボンジイロウミウシ、かな?
(タイプミス修正:ボンジイボ、でした)

ウスイロウミウシ。

キャラメルウミウシ。

たくさんいたセンテンイロウミウシの仲間。

安全停止中にイワシの大群来たけど、すぐ見えなくなっちゃった。

2本目は大牛の洞窟へ。

ここでももちろんウミウシ探し。
まずはヒロウミウシ。

シロミノウミウシ。

ヘリシロイロウミウシ。

ヒメギンポ。
ウミウシじゃないけど、きれいでかわいい被写体です。

コリンズのガイド・佑くんが教えてくれたウミウシ。
「日本のウミウシ」図鑑の第二版で見ると、体色や触覚の色などはフジムスメウミウシに。
体の縁が波打つところはアミメシラユキウミウシに似ています。
こういう両方の特徴を持ったような中途半端なヤツって、困ります。😅

センヒメウミウシ。

ゲストが見つけたセトイロウミウシ。

ランチは久しぶりに井むらさん。
「鶏の黄身おろしポン酢」定食をいただきました!

本日の写真提供はゆかりちゃん、ゆーちゃん。
ありがとうございました!


《お知らせ》

「沖縄でOW講習を受けて、お得に雲見で潜ろう!」キャンペーン始めました。
当店が提携している沖縄本島のダイビングショップでOWライセンスを取得すると、当店の宿泊やレンタル器材代が無料になるキャンペーンです。
これからダイバーになりたい方、お友達がダイバーになろうとしている方。
ぜひチェックしてみてくださいね!


アイダイブオリジナルのTシャツやパーカーが買えるオンラインショップのリンクです。
よかったら、お暇な時に見てみてくださいね。

 

関連記事一覧

お問い合わせ

お問い合せは:info@idive.jp
iDive:金子 裕昭
〒410-3618 静岡県賀茂郡松崎町道部145-1
TEL:0558-43-2050
FAX:0558-43-2311
Mobile:090(2923)5301

最近の記事

2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  
PAGE TOP