最新の海況を、豊富な写真とともにチェック!

うねり始めた雲見【2022年9月4日】

波はありませんが・・・。
ついにうねりが大きくなってしまいました。
あれだけ大きな台風が沖縄付近にあるので、いつかは来る、と思っていましたが・・・。
とうとう、来ちゃいましたか。😓

1ダイブ目:牛着岩(うしつきいわ)24ブイ → ブルーコーナー
2ダイブ目:外洋・沖の根(おきのね)
天気 晴れ
風向 ほとんどなし
流れ 下り潮少々
波・うねり 波長長いうねり、時々強く
最高気温 31℃
水温 24℃〜28℃
透視度 → :牛着岩4m〜8m、沖の根6m〜8m
透明度 ↓ :牛着岩5m〜10m、沖の根8m〜12m

今日のお客様は4名様。皆さん、雲見リピーターです。
さっそく、行ってみましょう!

うねりがあるので水路は避けて、24ブイからエントリー。

まだカメラの準備も整わないのに、いきなりクエ!

コボレバケボリ。

24アーチのソフトコーラル、満開です。

たて穴は、垂直方向のうねりに要注意!
まあ、今日のゲストは皆さん経験本数が多いので、難なく通過できましたが。

クランクのオオモンカエルアンコウ。
昨日までいたオオパンカイメンから、岩の隙間に移動していました。
うねりが大きくなったら、もっと移動しちゃうでしょうねー。😩

うねりを気にしながら、小牛の洞窟へ。
洞窟の屋根が始まる手前まではうねりの影響少なく入ることができました。
そこには、ベニカエルアンコウが2匹、仲良く並んでいましたよ。

ブルーコーナーで安全停止。
ここも、大きなうねりでふわん、ふわんと揺れていました。
こんな時は岩につかまらずに、中性浮力を取って中層を漂うのが正解、なんですが。
軽く下り潮もあったので、ずっと泳ぎ続けなければならず。
うねりの、バカ。😩

2本目は、9時半出船の便に乗って、沖の根へ!
木曜日に沖の根に行った時は小刻みなうねりで船が揺れてスピードが出せず、沖の根に行くまで時間がかかりました。
今日は波長が大きく、高さも無いため、外洋まではスムーズに到着。

外洋は狭い場所がない分、むしろうねりの影響を受けにくいです。

今日もクダゴンベをチェックして。

サクラダイのオスとメス数匹。
ここは深いエリアなので、ほんの数分しか滞在できません。

浅い根の上に移動して、大物待ち。
流れはほぼ止まっていて、魚たちは広い範囲にバラけていました。
だから、もうちょっとまとまってくれないと写真撮りにくいんだってば!😓

今日も中層にマンボウの夢を見て、沖の根は終了です。😆

本当は3本目に三競を潜って、レーザービームを、なんて考えていたのですが、このうねりで三競のせまい穴の中に入れなかったら意味がないので、2本で潔く終了しました。

お昼はいつもの井むらさんへ。
我々は早い時間帯に行けたのですんなり座れましたが、11時40分ごろには「満席です」の声が。
さすがの人気店です。

お疲れ様でした!
さて、このうねり、いつ収まるんでしょうね〜。😮‍💨


《お知らせ》

台風8号による災害(雲見の水害)への支援を募集しております。
皆様のご協力をお願いいたします!

「松崎町HP > 松崎町からのお知らせ > 台風8号災害支援(ふるさと納税)はこちら」


しばらくの間、雲見の外洋・沖の根に追加料金なしで潜ることができます。

完全予約制で一日四航海。定員20名/回です。

出航時間 (1)9:30(2)11:00(3)12:30(4)14:00

この機会に是非、外洋にチャレンジしてみてくださいね!😄


アイダイブオリジナルのTシャツやパーカーが買えるオンラインショップのリンクです。
よかったら、お暇な時に見てみてくださいね。

 

関連記事一覧

お問い合わせ

お問い合せは:info@idive.jp
iDive:金子 裕昭
〒410-3618 静岡県賀茂郡松崎町道部145-1
TEL:0558-43-2050
FAX:0558-43-2311
Mobile:090(2923)5301

最近の記事

2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
PAGE TOP