最新の海況を、豊富な写真とともにチェック!

21年ぶりに潜る雲見【2020年8月16日】

1ダイブ目:牛着岩(うしつきいわ)はまゆのブイ → ブルーコーナー
2ダイブ目:三競(さんきょう)
天気 晴れ
風向 ほとんどなし
流れ ほとんどなし
波・うねり ほとんどなし
気温 35℃
水温 20℃〜28℃
透視度 → :3m〜5m
透明度 ↓ :4m〜6m

今日はベテランさんに混じって、今日が21年ぶりのダイビングというお客様がいました。

潜る前はドッキドキ。そりゃ、そうですよね。
でもいざ水に入ってみると、体が覚えているものなんですね〜。
まったく問題なく潜れました〜。

さて、いつもの洞窟巡り。
最初の被写体は、これまたいつものキャラメルウミウシ。

おや!
その近くに、こんな小さなカエルアンコウが隠れていたんですね。
お初にお目にかかります〜。😄

そして、いつもの・・・
あれ!クラサキウミウシが2匹に増えてる!
しかも増えたのは、ちっこいヤツ。

ヘリシロイロウミウシ。

穴ん中のソフトコーラルは、今日も元気。

テッパンのちびカエル。
でも、見つかった当初に比べるとだいぶおっきくなったという話も。
毎日見ていると、実感沸かないんですよねー。

そしてその近くにいる・・・、あれ!
これまた、2匹に増えてる!
しかも増えたのは、大移動の末に姿を消したウルトラマンカエルアンコウ!!!

2人はこの広い海の中で出会って、恋に落ちたのかしら。
きゃっ!😆

うーん。
タテヒダイボウミウシとフリエリイボウミウシ、両方の特徴を兼ね備えているようなウミウシ。
ハイブリッドかしら?

はぁ、盛り沢山の1本でしたね。
ブルーコーナーで安全停止しましょう。

2本目は三競へ。
先頭の21年ブランクダイバー、空白の期間を感じさせない落ち着きっぷりです。

差し込む光!

シロタスキウミウシ。

ぼんやりと靄がかかったような水中の景色。
もう、慣れました。😓

行方不明だったスミゾメミノウミウシ。

普通種だけど、今年はあまり見かけないシロウミウシ。

そしてランチへ。
賄いうどんが今日から「冷やしめんたいうどん」に変わっていました〜。

21年ぶりのダイビング、何の問題も無くクリア出来ましたね。
お疲れさまでした。

次はそんなに間をあけずに、潜りに来てくださいね〜。
お待ちしております。


《お知らせ》

8月18日火曜日、お休みいただきます!

関連記事一覧

お問い合わせ

お問い合せは:info@idive.jp
iDive:金子 裕昭
〒410-3618 静岡県賀茂郡松崎町道部145-1
TEL:0558-43-2050
FAX:0558-43-2311
Mobile:090(2923)5301

最近の記事

2020年11月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
PAGE TOP