最新の海況を、豊富な写真とともにチェック!

雲見で、ハンマー!【2020年6月28日】

昨日はいいお天気だったのに。
今日は夜の間に降り出した雨が、ずーっとやまずに続いていました。

1ダイブ目:牛着岩(うしつきいわ)水路下の洞窟
2ダイブ目:牛着岩(うしつきいわ)小牛の洞窟 → 島前
天気 午前中、ずっと雨
風向 南西、ほぼ無風
流れ 下り潮少々
波・うねり 浅場にうねりあり
気温 27℃
水温 21.8℃〜23.0℃
透視度 → :5m〜8m
透明度 ↓ :8m〜15m

今日はリピーターさん、初・雲見さん、ウミウシ好きさん、GoProさん。
色々なゲストと一緒に潜って来ました!

あ!
誰ですか?
エントリーと同時にマスク落とした人。
バックロールエントリーの時は、しっかりとマスクを押さえて下さいね。😅

1本目は、ウミウシ好きさんの為のダイビング。
ヘリシロイロウミウシ。

ミツイラメリウミウシ。

ナンヨウウミウシ。
よかったー。
小さいので、いつもうまく見つけられるかドキドキします。

オセロウミウシ。

キンメモドキもたくさん群れています。
でーも!ひたすら壁をにらみます。😅

センテンイロウミウシの後追い行動?
だとしたら、後ろの個体が追いつくと同時に、交接の体勢にシフトチェンジするんですね。

少し移動していたアデヤカイボウミウシ。

センニンウミウシ。

2本目は小牛の洞窟から。
ここでウミウシ好きさんに探しながら待っててもらって、初・雲見さんと一緒に、洞窟の奥まで行ってきました。

途中、大きなミスガイに遭遇。

他のウミウシを食べちゃう悪い人。
キイボキヌハダウミウシ。

また少し穴巡り。

おや?
アカエソの様子がなんだか、変です。
あ!口に何か咥えてる!

どうやら捕食直後だったようです。
エソのランチになったかわいそうな魚(魚種はわからず)も、まだ動いていました。😭

そして、浮上のために水路入口へ。
いつもならブルーコーナーで安全停止するのですが、今日は島裏で上がるとうねりが大きくてしんどいので、湾内上がりにしました。

水路の入口まで戻ってきて、さあフロートを上げようとBCのポケットを探ると、空っぽです。
あれ!船の上に置き忘れたみたい。

と、その時!
目の前に1.5mくらいのハンマーヘッドシャークが悠然と現れました。

ニンゲンは落ち着いていられません。
慌てふためいてとりあえずシャッターを押すと、マクロモード!

さらに慌てて、猛ダッシュしながらカメラのモードを変え、ハンマーに向かって連写!激写!速写!

私の後ろではGoProさんがガッツポーズしていました。
なんと、人生初のハンマーだったそうです。
それが雲見でなんて、人生の運を全て使い切っちゃったかもしれませんね。😂

いやーでも、もしあの時フロートを出していたら、ヒモが絡まってハンマーダッシュ出来なかったでしょうねー。
忘れてよかった。(*^Д^)=з
人生、何が幸いするか分かりませんね。

ちなみにフロートは、このあと無事に回収しました。

実は、他のゲスト達はタッチの差で間に合わず、見ることが出来ませんでした。
残念です。
これ、チーム全員で見ていたら、もっと嬉しかったのになー。

人生最大のチャンスを逃した皆さま。
大丈夫です!これは幸せ貯金です。
いつかきっと、これを上回るすごい幸運に見舞われるはずです!

今日は雨の中スタートして、マスク拾いを経由。
アカエソの捕食も、ハンマーでかき消された激動の1日でした。

お疲れさまです!😄


《お知らせ》

7月3日、お休みいただきます!

関連記事一覧

お問い合わせ

お問い合せは:info@idive.jp
iDive:金子 裕昭
〒410-3618 静岡県賀茂郡松崎町道部145-1
TEL:0558-43-2050
FAX:0558-43-2311
Mobile:090(2923)5301

最近の記事

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
PAGE TOP