最新の海況を、豊富な写真とともにチェック!

相容れない雲見【2017年7月29日】

ついに、雲見にも少しうねりが入り始めました。
これは台風9号からのうねりか、それとも5号でしょうか。
明日もうねりはありますが、でもまだ潜れなくなるほどではなさそうです。
ポイント名 雲見
1ダイブ目:牛着岩(うしつきいわ) 島裏 → 小牛横
2ダイブ目:牛着岩(うしつきいわ) 魚礁 → グンカン
天気 晴れ
風向 北東の風
流れ わずかに上り潮
波・うねり 弱いうねり徐々に
気温 31℃
水温 25℃〜26℃
透視度:8m〜12m
透明度:13m〜15m
今日のお客様はおふたり。年齢の近い男性ゲストで、飲むお酒の量も同じくらい。昨日は仲良く、夜遅くまで飲んでいたようです。私は先に寝てしまったので、よく知りませんが。f ^ ^ *)
ただ、ダイビングスタイルは全然違います。片やウミウシなどかわいい生き物の写真を撮るのが好きな方。カメラ派です。そして片や中層をふわふわと泳ぐのが好きな方。泳ぎたい派です。
当然、一緒には潜れません。なので非常勤ガイド・かなちゃんとガイドをシャッフルして潜ってきました。
私の1本目はカメラ派ダイバー。上の地図のピンクの線ですね。
最初に見に行ったのは、やっぱりこの人。クダゴンベです。絵になりますね〜。
手が再生した奇跡の人。アカホシカクレエビ。
ビシャモンエビです。
同じムチカラマツにひとまわり小さな個体も。
そしてウミスズメの幼魚。ちょこちょこと場所を変えますが、今日は見ることが出来ました。
伏し目がちの眠そうな目。おちょぼ口。かわいいです。(⌒^⌒)b
体長2cmに満たないカエルアンコウの仲間。
口を「あん?」と開けています。
別角度からもう一枚。
ダイバーのフィンで蹴っ飛ばされたら、一発で吹っ飛んでしまいそうな儚さがたまりません。
お尻をふりふりしているイソギンチャクモエビです。
これは季節来遊魚の一種・キツネベラの幼魚。アクアティークの糸井さんに教えてもらいました。
クダゴンベといい、徐々に南の魚たちも増えてきたようです。
2本目は泳ぎたい派のゲストと潜ってきました。
マップの青い線がその泳いだところです。めっちゃ、長い距離を泳いできました。
途中、モロコ根の辺りではトビエイを探しましたが、今日はいませんでした。
でも、中層をふわふわと漂うように泳ぐのは楽しかったですね。
今日は全然スタイルの違うダイビングをしてきた日でした。
写真の提供はよっちゃんです。ありがとうございました!

アイダイブのご予約はこちらから!

【アイダイブからのお知らせ】

今年のアイダイブ的モルディブクルーズ、日程が11月11日出発の18日帰りになりました。詳しくはクリックして下さい!

「麺屋井むら」さんが食材を用意してくれるBBQ出来ます!詳しくはこちらから!

■ アイダイブの非常勤ガイド・カナコのブログです!

■ アイダイブのFacebookページです。ぜひ「いいね!」をお願いいたします。m(_ _)m

関連記事一覧

お問い合わせ

お問い合せは:info@idive.jp
iDive:金子 裕昭
〒410-3618 静岡県賀茂郡松崎町道部145-1
TEL:0558-43-2050
FAX:0558-43-2311
Mobile:090(2923)5301

最近の記事

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
PAGE TOP