最新の海況を、豊富な写真とともにチェック!

頭上が暗くなる雲見【2017年7月10日】

晴れて穏やかな海です!
ポイント名 雲見
1ダイブ目:牛着岩(うしつきいわ) 島前 → 小牛の洞窟裏
2ダイブ目:牛着岩(うしつきいわ) 島前 → ブルーコーナー
3ダイブ目:牛着岩(うしつきいわ) はまゆのブイ → ロッカク岩
天気 晴れ
風向 ほとんどなし
流れ 下り潮少々
波・うねり ほとんどなし
気温 29℃
水温 20℃〜21℃
透視度:6m〜7m
透明度:7m〜8m
今日はウミウシ大好きなお客様とマンツーマンダイブでした。
ムラサキウミコチョウ。
サガミイロウミウシ。少しずつ数が増えてきているようです。
センテンイロウミウシ。少し離れてもう1個体いました。
久しぶりに見るミチヨミノウミウシ。以前はたくさんいましたが、今日はこの1匹だけ。
ミツイラメリウミウシは、よーく見ると産卵中のようです。
左下に産みかけのタマゴが見えています。
コトヒメウミウシは産卵を終えたばかりでしょうか?
右下に卵塊が見えています。
フジイロウミウシです。
かなちゃんが土曜日にたて穴で見かけた、と言っていましたが、これは水路下の洞窟でゲット。
かわいいサイズのキャラメルウミウシ。
比較的浅い水深で多く見かけたリュウモンイロウミウシ。
ここだけで3個体。
センヒメウミウシもあちこちで5、6個体見かけました。
赤いハナタツ。
おお〜美脚!誰だろう?
と、思ったら、自分でした。f ^ ^ *)
クランクのベニカエルアンコウはかくれんぼ上手。
キンメモドキの群れ。
刻々とその姿を変えていきます。群れの密度の濃さは、辺りが暗くなるほど。
浅い場所で安全停止中、いきなり周囲が暗くなりました。これ、比喩じゃありません。
ほんとに一瞬、まっ暗になったんです。原因はこのイワシたちでした。
暗くなった瞬間の群れの密度は、こんなもんじゃありませんでしたよ。
そしてカンパチの群れ!小さいながら30〜40匹はいたと思います!
イワシはカンパチに追いかけられて、あんな密度の濃い群れになったんですね。

またウミウシ探しに戻りましょう。
これはアラリウミウシ。
フジイロウミウシ、2個体目です。
サガミイロウミウシも2個体目。
キンギョハナダイ達の群れる浅場で安全停止。
3本目は気分を変えて湾内へ。
これははまゆのささめちゃんに教えてもらったブイ近くのベニカエルアンコウ。
トビエイ君。ばふばふと砂を巻き上げ、お食事中。
お腹にタマゴを抱いたアカホシカクレエビ。
帰る頃には富士山がくっきり。
いや〜、今日も盛りだくさんで面白かったですね。
お弁当は食べたけど、3本潜ってお腹が空いたのでケーキを食べながら、ロギングです。(⌒^⌒)b

今日は壁睨み隊のはずなのに、中層も気になって仕方ありませんでした。f ^ ^ *)
今日の写真提供はよしこちゃん。ありがとうございました!

アイダイブのご予約はこちらから!

【アイダイブからのお知らせ】

今年のアイダイブ的モルディブクルーズ、日程が11月11日出発の18日帰りになりました。詳しくはクリックして下さい!

「麺屋井むら」さんが食材を用意してくれるBBQ出来ます!詳しくはこちらから!

■ アイダイブの非常勤ガイド・カナコのブログです!

■ アイダイブのFacebookページです。ぜひ「いいね!」をお願いいたします。m(_ _)m

関連記事一覧

お問い合わせ

お問い合せは:info@idive.jp
iDive:金子 裕昭
〒410-3618 静岡県賀茂郡松崎町道部145-1
TEL:0558-43-2050
FAX:0558-43-2311
Mobile:090(2923)5301

最近の記事

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
PAGE TOP