最新の海況を、豊富な写真とともにチェック!

泳いだりまったりだったりの雲見【2016年6月22日】

ポイント名 雲見
1ダイブ目:牛着岩(うしつきいわ) グンカン → ブルーコーナー
2ダイブ目:三競(さんきょう)
3ダイブ目:牛着岩(うしつきいわ) 大牛の洞窟
天気 曇り
風向 ほぼ無風
流れ ごく軽く
波・うねり 浅場にうねり少し
気温 27℃
水温 19℃〜22℃
透明度:12m〜15m
透視度:10m〜12m
今日は昨日からの西伊豆サファリ2日目の方々におひとり様が加わって総勢5名様。
そしていちばん本数の少ない人でも200本台とベテランが揃いました。(*^^*)
1ダイブ牛着岩10.11本目はふわふわ〜っと中層をトビエイ探し。長い距離を泳いできました。
しかし、今回は出逢えず。途中から作戦を変更してルージュミノウミウシを見たり。
OLYMPUS DIGITAL CAMERAブルーコーナーでは今年初となる、ニシキベラの集団での放卵放精を確認できました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA浮上間際にゲストがトビエイを発見!でも遠すぎて写真は撮れませんでした。
2本目は三競(さんきょう)へ。最初はぐるぐると穴巡り。
こんなに狭い範囲にこんなにもくぐれる穴があるんだ!と初めての方はみんな驚かれます。
途中からはウミウシも。これはキャラメルウミウシツヅレウミウシ科1種5・通称オセロウミウシのツーショット。
DSCF6004キャラメルとオセロこちらはハナオトメウミウシ
OLYMPUS DIGITAL CAMERAジュッテンイロウミウシです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA曇っていたのでレーザービームを見ることは出来ませんでしたが、キンメモドキの大群に遭遇。
DSCF6029キンメモドキさて、おひとりだけやる気満々の方がいたので、3本目はマンツーマンで潜ってきました。
大牛の洞窟でまったりと生き物探しのダイビングです。これはセンヒメウミウシ。大きめの個体が幾つもいました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERAオルトマンワラエビがお腹に卵を抱いています。
これも今年初めてですね。生命の営みが今年も着々と行われています。
OLYMPUS DIGITAL CAMERAリュウモンイロウミウシです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERAセンテンイロウミウシはゲストが見つけて教えてくれました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA砂地にひそむウスハオウギガニ。ちょこちょこと砂を掘って体を隠してしまいます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA証拠写真ですが、オキナワベニハゼ。とてもシャイですぐに穴の奥に隠れてしまいます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA今日も穴や生き物をたっぷりと楽しむことが出来ました。
写真提供はミサホさん。ありがとうございました。

【アイダイブからのお知らせ】

■ 雲見の海底清掃、今年は6月29日水曜日に決定です!

■ 今年のアイダイブ的モルディブクルーズは11月19日〜26日です!

■ アイダイブの非常勤ガイド・カナコのブログです!

■ アイダイブのFacebookページです。ぜひ「いいね!」をお願いいたします。m(_ _)m

■ もっと詳しい情報はアイダイブのホームページへ!

お問い合わせの場合はこちらのページにメールアドレス・電話番号などあります!

■ ダイビングのあとにリラックスしませんか? リフレクカオカオのご案内

関連記事一覧

お問い合わせ

お問い合せは:info@idive.jp
iDive:金子 裕昭
〒410-3618 静岡県賀茂郡松崎町道部145-1
TEL:0558-43-2050
FAX:0558-43-2311
Mobile:090(2923)5301

最近の記事

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
PAGE TOP