最新の海況を、豊富な写真とともにチェック!

地形覚える雲見【2015年12月12日】

ポイント名 雲見
1ダイブ目:牛着岩(うしつきいわ) スタンダードコース
2ダイブ目:牛着岩(うしつきいわ) 島前 → ブルーコーナー
3ダイブ目:牛着岩(うしつきいわ) 島裏 → ブルーコーナー
4ダイブ目:牛着岩(うしつきいわ) ブイ → 16アーチ
天気 曇り時々晴れ
風向 北東風
流れ ほとんどなし
波・うねり うねりあり
気温 17℃
水温 20℃〜21℃
透明度:4m〜8m
透視度:3m〜7m
今日はマンツーマンで4本潜って来ました。
ゲストは来年からアイダイブで非常勤ガイドをするべく勉強中の人です。いい機会ですから、皆さんにご紹介いたします。
IMG_5446名前はカナコさん。20才台の女性ですが平成生まれではありません。
彼女も最初は普通のお客様でした。でも雲見を気に入ってくれて、通ってくるうちに「ガイドをやりたい」と思うようになったそうです。私は今までひとりで気楽に店をやってきましたが、ここらで若い相棒を仲間にするのもいいな、と思い非常勤ガイドをお願いすることになりました。
でも、まだインストラクターじゃないので、道のりは長いです。
今日は他にゲストがいなかったので、じっくりとガイドをする為のあれやこれやを伝授してきました。
さて、今日の1本目と2本目はこんな感じでした。
2ダイブ牛着岩ver.9.0aまずは一部のガイドが「スタンダードコース」と呼んでいるルートを潜ってきました。
だいたいのルートは分かっていたみたいでしたが、ガイドになるにはそれだけじゃダメです。数m単位で目印を覚えていきます。
この岩の次はこの岩、その次にこの穴が来て、という具合です。
OLYMPUS DIGITAL CAMERAまた雲見の場合、他のポイントと違って特殊なのはルートが立体的だということです。同じ場所でも水深が違えば全然違う場所に見えます。この浅い場所と深い場所の繋がりも覚えなければなりません。覚えることだらけです。f ^ ^ *)
たとえば下の写真はH型のトンネルです。よく通る所ですが、この穴の上がどうなっているか知っているゲストは少ないと思います。
でも場合によっては通る必要があるかもしれません。そういった所をしっかりと押さえていきます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA生き物はほとんど見ていません。でもたまたま安全停止中に目についたのは、キカモヨウウミウシ
OLYMPUS DIGITAL CAMERA3本目はスタンダードコースから少し外れた辺りを、4本目は湾内を覚えてきました。
2ダイブ牛着岩ver.9.0bまだダイブマスターですから、ガイドデビュー出来るのは先のことです。
今は来年の4月に受ける予定のインストラクター試験に向けて、準備中です。次はまたいい報告が出来るよう、彼女もがんばるでしょうし、私もサポートしていきます。今後、また折に触れて彼女のことを紹介していこうと思います。私共々よろしくお願いいたします。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【アイダイブからのお知らせ】

■ アイダイブは年末年始も休まず、いつも通り営業しています!

■ 2016年のアイダイブ的あちらこちら(恒例の久米島や宮古島、モルクルなど)です。

■ アイダイブのFacebookページです。ぜひ「いいね!」をお願いいたします。m(_ _)m

■ もっと詳しい情報はアイダイブのホームページへ!

お問い合わせの場合はこちらのページにメールアドレス・電話番号などあります!

■ ダイビングのあとにリラックスしませんか? リフレクカオカオのご案内

関連記事一覧

お問い合わせ

お問い合せは:info@idive.jp
iDive:金子 裕昭
〒410-3618 静岡県賀茂郡松崎町道部145-1
TEL:0558-43-2050
FAX:0558-43-2311
Mobile:090(2923)5301

最近の記事

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
PAGE TOP