最新の海況を、豊富な写真とともにチェック!

久しぶりにのんびりマクロを雲見で【2013年7月30日】

ポイント名 雲見
1ダイブ目:牛着岩 島前 → ブルーコーナー
2ダイブ目:牛着岩 大牛の洞窟 → 湾内
天気 晴れ
風向 西より
流れ 下り潮
波・うねり 少しあり
気温 30℃
水温 23℃〜24℃
透明度:6m〜8m
透視度:6m〜7m

2ダイブ牛着岩ver.9.0

今日はリピーターのお客様とのんびりマンツーマンダイビングでした。
そして久しぶりにリクエストは「かわいいウミウシ」とのこと。はい、頑張って探してみましょう!(*^^*)
まず水路下の洞窟ではイガグリウミウシセンテンイロウミウシサガミイロウミウシキイロイボウミウシ、それからペアでいたキャラメルウミウシなど見ることが出来ました。

H型のトンネルでは「攻殻機動隊」TVシリーズに出てくる「タチコマ」または「AKIRA」に出てくる「タドン」戦車のようなアケウス。カニの仲間です。
※ タチコマ、またはタドン戦車がどんなにこのアケウスに似ているかお見せしようと思ったのですが、どうしたって著作権に触れるのでやめときます。m(_ _)m

Exif_JPEG_PICTURE

クランクではスズメダイのタマゴがハッチアウト寸前!ちいさーいタマゴにもちゃんと目がふたつあることが確認できます。

Exif_JPEG_PICTURE

クランクから水深24mのアーチに掛けての中層にはネンブツダイマアジイサキ、ムツといった魚がぎっしりと群れていました。

Exif_JPEG_PICTURE

このあとお腹の大きなハナタツイボイソバナガニのペア、ビシャモンエビのペア、それからアカホシカクレエビも今日はペアになっていて、小さいほうの個体がタカノハダイをクリーニングしていました。
たて穴ではミツイラメリウミウシの白バージョン発見。小指の爪ほどの大きさです。
最後、ブルーコーナーでは相変わらずキンギョハナダイニシキベラの魚影が濃かったですね。
また穴から顔をのぞかせるギンポ系の魚もたくさんいました。これはそのうちのひとつマツバギンポです。

Exif_JPEG_PICTURE

2本目は島裏からエントリー。大牛の洞窟で生き物探しです。
そしてのっけからレア物ゲット!体長5mmほどの小さなクロフチウミコチョウです。かわい〜。(*^^*)

DSCF2950クロフチウミコチョウ

この他ウミウシはオセロウミウシ(仮称)イガグリウミウシセンヒメウミウシなどを見ることが出来ました。
洞窟の奥ではサクラテンジクダイが口内保育の真っ最中。今にもふ化しそうな銀色のタマゴを咥えているかと思えば、別の個体はまだ生まれて間もないらしいオレンジ色のタマゴを咥えていたりしました。

洞窟を出てしばらく泳いでいくと、おや・・・? 見慣れないウミウシをみつけました。

DSCF2961

ありったけの図鑑やネットなどで調べてみたのですが、イマイチ分からず。どなたかご存じの方がいたらご教示願います。m(_ _)m

いやー探せばいるもんですね〜。最近あまりマクロ系(小さな生物たちのこと)のガイドをしていなかったので新鮮でした。
写真提供はYoshikoさん。ありがとうございました!

【アイダイブからのお知らせ】

■ アイダイブのオリジナルTシャツプロジェクト始動! お好きな色とサイズで注文できます!

■ 2013年11月、モルディブクルーズへ再び! ジンベイザメと自分とのツーショット写真、撮りませんか?

■ もっと詳しい情報はアイダイブのホームページへ!

お問い合わせの場合はこちらのページにメールアドレス・電話番号などあります!

■ ダイビングのあとにリラックスしませんか? リフレクカオカオのご案内

関連記事一覧

お問い合わせ

お問い合せは:info@idive.jp
iDive:金子 裕昭
〒410-3618 静岡県賀茂郡松崎町道部145-1
TEL:0558-43-2050
FAX:0558-43-2311
Mobile:090(2923)5301

最近の記事

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
PAGE TOP