最新の海況を、豊富な写真とともにチェック!

帰国後、初・雲見は穏やかでキレイ!【2013年12月4日】

ポイント名 雲見
1ダイブ目:牛着岩 島前 → ブルーコーナー
2ダイブ目:牛着岩 水深26mのアーチ → はまゆのブイ
3ダイブ目:牛着岩 大牛の洞窟
天気 晴れのち曇り
風向 ほぼ無風
流れ ごく弱い上り潮
波・うねり ほとんどなし
気温 14℃
水温 16℃~17℃
透明度:16m~18m
透視度:12m~14m

先月17日以来、なんと17日ぶりの雲見でのダイビングです。モルディブへ行ったり、西風が吹いて雲見がクローズだったりしたせいですが、何だか懐かしい気分でした。
3ダイブ牛着岩ver.9.0さて、今日はリピーターのゲストと平日・のんびりダイビング。1本目は主に水路周辺から小牛の洞窟にかけて潜ってきました。
透明度は良かったですね。昨日はあまりキレイじゃなかったそうですから、まるで私の雲見復帰に合わせて透明度が回復したみたい・・・なんて、ちょっと言ってみただけです。f ^ ^ *)

DSCF5713水路下クランク周辺ももちろん、この魚影!
DSCF5715クランク小牛の洞窟に小さなカエルアンコウがいるらしいと聞いて探しに行きましたが、不発。
DSCF5717小牛の洞窟水深24mのアーチを通り抜けて。
DSCF5719水深24アーチ出た先はやはり辺りを埋め尽くす魚の群れ。
DSCF5721群れ今の時期、水面から中層にはキビナゴ、中層から海底にかけてはクロホシイシモチネンブツダイの群れがいます。この群れの二重構造、楽しむなら今ですよ〜。(⌒^⌒)b
DSCF5722群れ浮上間際にはコンシボリガイ発見!なんと他のガイドさん達は全部で7個体もみつけた人もいたんだとか。レア物のはずなのにそんなにいたら有り難みがなくなっちゃいますね。f ^ ^ *)
DSCF5725コンシボリガイ2本目は普段潜らないコースを選択。あとでゲスト達に聞いたら、どこにいるか全然分からなかったって。
そして後半はこれまた新たに情報を得たオオモンカエルアンコウを探しに行きました。その目印がムレハタタテダイって?
DSCF5729ムレハタタテダイほんとだ。この群れがいる魚礁の残骸の柱の上に、どんと乗っていました。体長は推定で20cm。自分では鉄柱の一部になって、ばれていないつもりのようです。
DSCF5731オオモンカエルこちらも大きかった!浮上間際のヒラメ!体長はたぶん40cmくらいありました。
DSCF5735ヒラメ3本目はのんびり生き物探し。
これは図鑑を一生懸命調べてもイマイチ名前の分からないタカラガイの仲間。大きくて見たこと無い殻の模様。
DSCF5738謎のタカラガイそれからDDSの安東さんに場所を教わったコンガスリウミウシDSCF5741コンガスリウミウシ

こちらは背中にY字模様のあるセトイロウミウシ
DSCF5743セトイロ今日はこの他にもソリハシコモンエビサラサウミウシシロウミウシアオウミウシイボイソバナガニカイカムリアカホシカクレエビムチカラマツエビビシャモンエビルージュミノウミウシミツイラメリウミウシマダライロウミウシサクラテンジクダイの群れなどを見ることが出来ました。

最後はイソコンペイトウガニ。体長7〜8mmの可愛らしい個体でした。
DSCF5745イソコンペイトウガニ明日も雲見でダイビングの予定です!

【アイダイブからのお知らせ】

■ 12月9日から12日の4日間、私用の為お休みいただきます。m(_ _)m

■ 年末年始はいつもと変わらず通常営業!ドライスーツのレンタルは初回無料です。ぜひチャレンジを!

■ アイダイブのオリジナルTシャツプロジェクト始動! お好きな色とサイズで注文できます!第3期募集は12月まで!

■ 2014年2月、久米島でホエールウオッチングとダイビング!大物もマクロも地形もなんでもありの久米島、夜はもちろん、美味しい沖縄料理に舌鼓!

■ もっと詳しい情報はアイダイブのホームページへ!

お問い合わせの場合はこちらのページにメールアドレス・電話番号などあります!

■ ダイビングのあとにリラックスしませんか? リフレクカオカオのご案内

関連記事一覧

お問い合わせ

お問い合せは:info@idive.jp
iDive:金子 裕昭
〒410-3618 静岡県賀茂郡松崎町道部145-1
TEL:0558-43-2050
FAX:0558-43-2311
Mobile:090(2923)5301

最近の記事

2020年11月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
PAGE TOP