最新の海況を、豊富な写真とともにチェック!

100ミリマクロレンズの雲見【2015年3月6日】

ポイント名 雲見
1ダイブ目:牛着岩 24ブイ → ブルーコーナー
2ダイブ目:牛着岩 大牛の洞窟 → ロッカク岩
3ダイブ目:牛着岩 大牛の裏 → トレジャーロック
天気 曇り
風向 東より
流れ ゆるい下り潮
波・うねり ほとんどなし
気温 10℃
水温 15℃
透明度:12m〜14m
透視度:10m〜12m
最近デジイチ(デジタル一眼レフカメラ)用の100ミリマクロレンズを手に入れたばかりというゲストとマンツーマンで潜ってきました。
このレンズは小さいものを大きく撮るのに適しています。
リクエストは小さいもの! は、はい、がんばります。f ^ ^ *)
3ダイブ牛着岩ver.9.0最初はハナタツから。でもこの被写体は大きすぎたようです。f ^ ^ *)
IMG_9928ハナタツスイートジェリーミドリガイ。でも手前の小さな紅藻が邪魔で、左の触角が隠れてしまいました。惜しい!
IMG_9949スイートジェリーこれはすごい!体長2cm無いくらいのムチカラマツエビ。目玉のまん中に黒目のあるのが分かります。
このエビの黒目を見たのは初めてかも。あ、でも元画像だと確認できましたがウェブ用に書き出した画像だと確認できませんね。ザンネン。
IMG_9971ムチカラマツエビ同じ宿主にいたイボイソバナガニ。背中のツヤツヤした質感とか、よく撮れています。
IMG_9964イボイソバナガニコモンウミウシ。かわいく撮れています。
IMG_9977コモンウミウシ動き回るキンギョハナダイもうまく捉えました。アイメイク、決まっていますね。
IMG_9983キンギョハナダイびよーんと伸びているシロウミウシ
IMG_9985シロウミウシこれはヒロウミウシ。触角とか二次鰓も分かります。
IMG_9997ヒロウミウシよく見かけるイソカサゴですが、こうして写真にすると美しい色彩を持っているのがよく分かります。
IMG_0014イソカサゴ大牛の洞窟の三角岩に前からいると情報のあったベニカエルアンコウ。ようやく見つけることができました。
IMG_0021三角岩ベニカエルこれはオセロウミウシ(仮称)
IMG_0023オセロシロウミウシの幼体の横に、ホムラチュウコシオリエビ。ほほえましいツーショットです。
IMG_0030シロとホムラチュウオルトマンワラエビが2匹。じわじわと接近中です。
IMG_0044徐々に重なるそして完全に重なりました。これはどういう意味があるのでしょう。偶然?それとも交尾の瞬間??
IMG_0048重なるオルトマン暗闇に潜むサクラテンジクダイ
IMG_0059サクラテンジクダイカエルアンコウは今日も定位置にいました。
IMG_0069カエルちゃんヒブサミノウミウシです。これもきれいな色をしていますね。
IMG_0079ヒブサミノ体長2cmほどのアカボシウミウシ。よく撮れています。
IMG_0084アカボシこれは体長4〜5cmくらい。フリルのようなキイロウミウシ
IMG_0088キイロウミウシエスカ(疑似餌)を懸命に振っていたちいさいカエルアンコウの仲間。
IMG_0101ちびカエルとエスカ肉眼ではよく分からないほど小さなエビの仲間。なんでしょう?
何かの幼体ですかね。
IMG_0112謎のエビこれもたぶん1cmくらいしかない小さなヤドカリ。図鑑を調べた所カシワジマヒメホンヤドカリという種類でした。
今までもはさみが白いヤドカリを見かけることはありましたが、小さすぎてうまく写真に撮れず、結果名前も調べることが出来ませんでした。今回、ようやく名前が分かって嬉しいです。
IMG_0117カシワジマヒメホンヤドカリアカホシカクレエビです。これはもうちょっと寄って、攻めて欲しかったですね。f ^ ^ *)
IMG_0122アカホシカクレエビベニカエルアンコウです。
IMG_0125ベニカエルアオウミウシも立派な被写体ですね。
IMG_0130アオウミウシこれはウミウサギガイの仲間でアヤメケボリ
IMG_0137アヤメケボリ最後はベニキヌヅツミ。やはり貝の仲間です。なんだかお菓子みたい。
IMG_0144ベニキヌヅツミ生き物たちの繊細な色や形をたっぷりと楽しんだ1日でした。だいぶ植物プランクトンっぽい浮遊物も増えてきましたが、透明度はまだ悪くありません。そして海藻が増えてきたり、海の中にも春の訪れを感じますね。
今日の写真提供はジュンさんです。ありがとうございました。

【アイダイブからのお知らせ】

■ 初夏の沖縄・宮古島へ!アイダイブ的宮古島2015のお知らせ!

■ 大海原のど真ん中へ!アイダイブ的銭州2015のお知らせ!

■ 今年のアイダイブ的モルクルは2015年11月21日土曜日〜28日土曜日です!

■ アイダイブのFacebookページです。ぜひ「いいね!」をお願いいたします。m(_ _)m

■ もっと詳しい情報はアイダイブのホームページへ!

お問い合わせの場合はこちらのページにメールアドレス・電話番号などあります!

■ ダイビングのあとにリラックスしませんか? リフレクカオカオのご案内

関連記事一覧

お問い合わせ

お問い合せは:info@idive.jp
iDive:金子 裕昭
〒410-3618 静岡県賀茂郡松崎町道部145-1
TEL:0558-43-2050
FAX:0558-43-2311
Mobile:090(2923)5301

最近の記事

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
PAGE TOP