最新の海況を、豊富な写真とともにチェック!

台風あけ1週間ぶりの雲見【2013年10月27日】

ポイント名 雲見
1ダイブ目:牛着岩 島前 → ブルーコーナー
2ダイブ目:牛着岩 トレジャーロック → グンカン
3ダイブ目:牛着岩 24ブイ → はまゆのブイ
天気 晴れ
風向 ほとんどなし
流れ 朝のうち下り潮
波・うねり うねり少々(水路通行可)
気温 20℃
水温 22℃
透明度:10m〜12m
透視度:8m〜10m

ふたつの台風がゆっくり進んだお陰で、随分長い事雲見に潜れませんでした。(T_T)
今日はようやくうねりも収まり、ほぼ1週間ぶり、雲見でのダイビング再開です。

3ダイブ牛着岩ver.9.0

今日は、今年から来始めてくれたお客様2名様。
もう4回も5回も雲見に来て頂いております。ただ今までは季節的に大勢ゲストのいる日ばかりでした。今日は初めて、他にゲスト無し。おふたりだけです。なのでゆっくりと地形を楽しんだり、生き物を探したりできましたね。(*^^*)
1本目は主に洞窟巡り。これはH型のトンネルを出てクランクで見上げた魚群です。

DSCF4825クランク

でも少人数だと、のんびり生き物を探せます。今日はまず大物のクエをゲット。H型のトンネル周辺にいたので、ちょっと追いかけて穴の中をグルグルしてしまいました。

そのあとコマチガニツノガニツユベラの幼魚、今回の台風も生き残ってくれたレア物ウミウシ・トルンナ・プルプロペディスなど、見る事が出来ました。

少人数限定・小牛の洞窟ではいつものヒメセミエビノコギリガニオトヒメエビカサゴ、カレイの仲間のムスメウシノシタ。珍しいところではマルコブカラッパ(あっという間に逃げられ、ゲストにはお見せできず)などを楽しむ事が出来ました。

また洞窟内に生息するテンジクダイの仲間・サクラテンジクダイは、もう10月も末だというのに未だに口内保育している個体がいました。

こちらは特大のイセエビ。台風でしばらくエビ網漁が出来なかったせいでしょうか。洞窟内の個体数が増えましたね。
DSCF4827特大イセエビ

こちらは小さくて透明なソリハシコモンエビ。何匹もいてウツボなどをクリーニングしていましたが、何しろ光を嫌ってすぐに逃げて行ってしまうので、お客様にお見せするのは難しいです。
DSCF4830ソリハシコモンエビ

小牛の洞窟、出口の様子です。
DSCF4834小牛の洞窟出口

最後はブルーコーナーへ。残念ながら浅い所はうねりがあり、さらに流れもあった為、あんまりゆっくりと楽しめませんでした。でもこのキンギョハナダイの群れは一見の価値があります。
DSCF4837ブルーコーナー

またミツボシクロスズメダイセダカスズメダイの幼魚、コケギンポなど見ることが出来ました。

2本目、3本目は主に生き物を探して泳ぎました。

エントリーしてすぐにカンパチの群れ!30匹くらいましたね。
それから見つかったのはベラギンポ、ウミウサギガイイソバナカクレエビイソコンペイトウガニムチカラマツエビカザリイソギンチャクエビ、期間限定で見ることが出来、しかも抱卵中のアカスジカクレエビヒメイソギンチャクエビスケロクウミタケハゼクリアクリーナーシュリンプ(通称クリクリ)などでした。

こうしてみると、エビカニ類が多いですね〜。(⌒^⌒)b

これはサツマカサゴですね。
DSCF4854サツマカサゴ

はい、今日も楽しく潜り終わりました。
この先しばらく台風は来なさそう。まだまだダイビングシーズンは続いていますよ〜。(*^^*)

【アイダイブからのお知らせ】

■ アイダイブのオリジナルTシャツプロジェクト始動! お好きな色とサイズで注文できます!第3期募集は12月まで!

■ 2014年2月、久米島でホエールウオッチングとダイビング!

■ 2013年11月、モルディブクルーズへ再び! ジンベイザメと自分とのツーショット写真、撮りませんか?

■ もっと詳しい情報はアイダイブのホームページへ!

お問い合わせの場合はこちらのページにメールアドレス・電話番号などあります!

■ ダイビングのあとにリラックスしませんか? リフレクカオカオのご案内

関連記事一覧

お問い合わせ

お問い合せは:info@idive.jp
iDive:金子 裕昭
〒410-3618 静岡県賀茂郡松崎町道部145-1
TEL:0558-43-2050
FAX:0558-43-2311
Mobile:090(2923)5301

最近の記事

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
PAGE TOP