最新の海況を、豊富な写真とともにチェック!

群れの合間にレア物もいる雲見【2013年9月20日】

ポイント名 雲見
1ダイブ目:牛着岩 水路の洞窟巡り
2ダイブ目:黒崎
天気 晴れ
風向 東より
流れ ほとんどなし
波・うねり 軽いうねり
気温 27℃
水温 25℃〜26℃
透明度:8m〜10m
透視度:7m〜8m

今日のゲストは仲良しの職場仲間3名様。うちお一人は初・伊豆、3年ブランクの経験本数10本という経歴。まずはこの方に念入りに中性浮力などのスキルを説明して理論武装して頂きます。それからセッティングも忘れちゃってますよね?こちらもきちんと手順を思い出して頂きましょう。

1ダイブ牛着岩ver.9.0

そして、いざ牛着岩へ。遠くにある台風19号の影響でしょうか。弱いうねりが入っていますね。でも水路も問題なく通ることができました。また若干ですが、透明度も上がったようです。こちらはH型のトンネル

IMG_7990_2Hの穴

ちなみに波止場では昨日はまゆのガイド・ささめちゃんが見つけたというレア物ウミウシの話題で持ちきりでした。そのウミウシとはトルンナ・プルプロペディス。舌を噛みそうな名前ですね。それに覚えられそうもない・・・。f ^ ^ *)

とりあえず見に行ってきました。

DSCF4240トルンナ・プルプロペディス

おおー、きれいかも。大きさも2cmくらいあって手頃な感じです。ずっといてくれるといいのですが。
これは小牛の洞窟の出口。

DSCF4242小牛の洞窟

そして帰りに通った小空間の様子。とにかく魚影は濃いですね。

DSCF4244小空間

いつもなら水路下の洞窟から三角穴を通って湾内に戻るのですが、少々うねっていたので今日はやめておきました。何度も雲見に来て三角穴も通ったことのあるゲストなら行っちゃうのですが、初・伊豆ですもんね。あんまりビックリするようなことは控えておこうかな、と。また次回来た時のお楽しみということで。

2本目は黒崎へ。
最初に入る黒崎の洞窟の入口も、すごい魚影に覆われています。

IMG_8016黒崎の洞窟

もう一枚。圧巻です。

IMG_8019黒崎の洞窟

これはアカシマシラヒゲエビ。穴の奥から出てきたり引っ込んだり。タイミングがよくないと全身を撮る事が出来ません。

IMG_8026アカシマシラヒゲエビ

大きさとかヒゲの白いところとかよく似ているのですが、たくさんいるせいかスルーされる事の多いオトヒメエビ

IMG_8029オトヒメエビ

これはカザリイソギンチャクエビ

IMG_8034カザリイソギンチャクエビ

そして最後はもちろん黒崎のトンネルへ。キンメモドキの群れをかき分けて遊びます。

IMG_8062キンメモドキ

先日の台風18号のせいでこのトンネル、微妙に形が変わりました。今まで石で塞がっていたところが通れるようになったりして、一層複雑になりましたね。楽しみが増しました。

IMG_8070ネンブツダイ

飽きませんね〜。(*^^*)

IMG_8085穴を出る

はい、今日も楽しく潜り終わりました!写真提供はKentaさん。ありがとうございました。

【アイダイブからのお知らせ】

■ 9月27日、お休み頂きます。

■ アイダイブのオリジナルTシャツプロジェクト始動! お好きな色とサイズで注文できます!第2期募集は9月まで!

■ 2013年11月、モルディブクルーズへ再び! ジンベイザメと自分とのツーショット写真、撮りませんか?

■ もっと詳しい情報はアイダイブのホームページへ!

お問い合わせの場合はこちらのページにメールアドレス・電話番号などあります!

■ ダイビングのあとにリラックスしませんか? リフレクカオカオのご案内

関連記事一覧

お問い合わせ

お問い合せは:info@idive.jp
iDive:金子 裕昭
〒410-3618 静岡県賀茂郡松崎町道部145-1
TEL:0558-43-2050
FAX:0558-43-2311
Mobile:090(2923)5301

最近の記事

2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
PAGE TOP