最新の海況を、豊富な写真とともにチェック!

カエルアンコウ探す雲見【2024年2月4日】

朝から小雨の降る天気でしたが、海はべた凪。
まったく波・うねりのない状態でした。
さらに水中に入ると流れも無し!潜りやすい海況でした!

1ダイブ目:牛着岩(うしつきいわ)24ブイ → ブルーコーナー
2ダイブ目:三競(さんきょう)1の穴 → 3の穴
天気 小雨のち曇り
風向 ほぼ無風
流れ なし
波・うねり なし
最高気温 9℃
水温 16℃
透視度 → :14m〜15m
透明度 ↓ :18m〜20m

1ダイブ目:牛着岩(うしつきいわ)24ブイ → ブルーコーナー

天気が悪いのでちょっと暗いけど、透明度は良好です!

今日は仲良しダイバー二人組。
カエルアンコウの写真を撮りたい!というリクエストだったので、カエルアンコウ探索の旅に出発!

でーも。
最初の被写体は潜降してすぐの所にいたミツイラメリウミウシ。

今日はソフトコーラル満開でした。

24アーチを通過して。

狭い隙間にいたのは、クラサキウミウシ。

はい、今日の1匹目!
30cm級のオオモンカエルアンコウ。

すぐそばでは、1cm無いヒロウミウシ。

次のカエルアンコウへ、地形探索しながら移動!

ただの通過地点、だけど絶景です。😄

水路下の洞窟にやってきました。

ここで、今日の2匹目!
20cm級のオオモンカエルアンコウです。

おっきい被写体の後に、極小の被写体、という雲見あるあるパターン。
ツマニケボリ、というウミウサギガイの仲間。

3匹目!
先月見つけた湾内のちびカエルアンコウ。
場所が変わっていましたが、目印の石が置いてあったのですぐにわかりました!

エダサンゴの隙間のアカテヒメサンゴガニを撮りながら、安全停止です。

2ダイブ目:三競(さんきょう)1の穴 → 3の穴

2本目は、さらなるカエルアンコウを求めて、三競へ!

おや?桜色が美しいミノウミウシ発見!
その名も、サクラミノウミウシです。

こちらはセスジミノウミウシ。

ゲストが発見!
こ、この見慣れない南っぽいウミウシは、だれ??😳
エリザベスウミウシ、という高貴なお名前をお持ちの(?)ウミウシのようです。😅

2の穴を出てすぐのところに、白いクマドリカエルアンコウ。

極小のアカエラミノウミウシ。

あー、二次鰓引っ込めちゃったけど、ヤマトクラカトアウミウシです。
よく見ると、その右側に極小のアカエラミノウミウシも見えます。

そして、黒いクマドリカエルアンコウです。
1回のダイビングでシロクマとクロクマ、両方見れちゃうなんて、すごいです!😍

小さなニヨリセンテンイロウミウシ。

おっと、これもゲスト発見!
半透明で無地の体地色が美しいこのウミウシは、メレンゲウミウシ属の一種3、とまだ和名のないタイプでした。

さらに、これはチゴミノウミウシ!
なんだか、ウミウシもいっぱい見つかります!😆

アオウミウシやサラサウミウシ、ヒロウミウシと言った普通種もたくさんいましたよー。
これはセトイロウミウシ。

最後はエダサンゴの隙間にいるカスリフサカサゴの生存確認をして、無事終了です!
結局、2ダイブでカエルアンコウの仲間を5個体見ることができました!😄

ランチ

お昼は井むらさんへ。
私は久しぶりに鍋焼きうどんをいただきました。
このうどん、冬季限定なのでそろそろ1回くらい、食べておかないとね!😊

本日の写真提供は、ゆーちゃん。
ありがとうございました!😄


《お知らせ》

2月9日(金)から12日(月)までお休みいただきます。


「沖縄でOW講習を受けて、お得に雲見で潜ろう!」キャンペーン始めました。
当店が提携している沖縄本島のダイビングショップでOWライセンスを取得すると、当店の宿泊やレンタル器材代が無料になるキャンペーンです。
これからダイバーになりたい方、お友達がダイバーになろうとしている方。
ぜひチェックしてみてくださいね!

 

関連記事一覧

お問い合わせ

お問い合せは:info@idive.jp
iDive:金子 裕昭
〒410-3618 静岡県賀茂郡松崎町道部145-1
TEL:0558-43-2050
FAX:0558-43-2311
Mobile:090(2923)5301

最近の記事

2024年3月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
PAGE TOP