最新の海況を、豊富な写真とともにチェック!

1台のカメラでワイドとマクロを!【2024年2月3日】

水面に少し波があるものの、概ね問題のない海況、天候ですね。
新しい魚眼レンズを手に入れたので、試してきました。
夫婦でチェックダイブです。

私は、普段はTG6のハウジングにリングライトだけ付けています。
リングライトのお陰で小さなエビカニやウミウシをバッチリと撮ることが出来ます。
でも雲見は複雑な地形や咲き誇るソフトコーラルなどワイドな写真を撮りたくなることも多いです。
なので、今回はフィッシュアイレンズとリングライトを水中で付け替えながら、ワイドとマクロの写真を両方撮ることに挑戦しました!

1ダイブ目:牛着岩(うしつきいわ)24ブイ → ブルーコーナー
2ダイブ目:牛着岩(うしつきいわ)グンカン → 16アーチ
天気 曇り
風向 ほぼ無風
流れ ほとんどなし
波・うねり 水面に少しだけ波とうねり
最高気温 11℃
水温 16℃
透視度 → :15m〜16m
透明度 ↓ :18m〜20m

1ダイブ目:牛着岩(うしつきいわ)24ブイ → ブルーコーナー

フィッシュアイレンズを付けての、最初の一枚。
レンズの特性を活かせていませんね。😓

でも、こうやって広い画角の写真が撮れるので、楽しいです!
普段なら画面に収まらない大きな岩も、全貌を写すことが出来ました。

左側には30cm級の大きなオオモンカエルアンコウ。
その向こうにダイバーです。

クランクの入り口にて。
残念ながら今日はポリプを広げていなかったけど、大きなフトヤギ越しにダイバーを撮りました。

同じカメラで、2cmほどのウミウシもこんなにちゃんと撮れちゃうって、凄くないですか??😳

そして、すぐまたフィッシュアイレンズに付け替えて。
水路下の洞窟の全貌、バッチリ見えていますね!

カメラを横にして撮ると、こんな感じです。

水路下の洞窟の突き当たり。
天気が良くて日が差せば、また違った雰囲気になると思います。

地形に魚の群れが絡むと、またいい感じ!

安全停止のために、ブルーコーナーに来ました。

すると、岩の上を体長2cmのコンシボリガイが移動中!
急いでレンズを外して、リングライトに付け替えました!

2ダイブ目:牛着岩(うしつきいわ)グンカン → 16アーチ

2本目はグンカンからスタート。

まずは繊細なアカスジカクレエビ。

これは、クボミイロウミウシ。

フィッシュアイに付け替えて、美しい砂紋を撮ってみました。

はい、また小さいの!
でもレンズとリングライトの付け替え、だんだんと慣れてきましたよ。

私は今回、カメラから外したリングライトとカメラ本体で両手が塞がらないように、リングライトはクランプを使ってフリップ方式でカメラに取り付けてみました。
フィッシュアイレンズはねじ込み式ではなくマグネットでハウジングと装着するタイプ。
これなら、水中でいちいちレンズをぐるぐる回してつけたり外したりする必要がないので、比較的素早く付け外し出来ます。

大牛の裏手にいるクマドリカエルアンコウ。

白化したイソギンチャクに住むクマノミ。

アカホシカクレエビ。

最後は、アオウミウシ!

アフターダイブ

今日は雲見から西伊豆の海岸線を南下して、中木のあいあい岬にあるCafe「South Point」へ。
去年の夏、オープンしたばかりだそうです。

ランチに、お豆たっぷりのスープをいただきました!

さらに南下していくと、ところてんの専門店がありました。
以前、神子元で働いていた時は、よくゲストとところてんを食べに来た覚えがあります。
このお店、まだやってたんだー。😳

そうそう、この味!
ところてんを黒蜜で食べるの?!って初めて来た時は驚いたけど。(20年前?)
今じゃ、すっかりこれがスタンダードな食べ方になってしまいました。

今月はおととい一日から南伊豆の青野川沿いで「みなみのさくらと菜の花祭り」が開催されています。
暖冬なので河津桜の開花が早いと聞いて行ってみたのですが、既に7、8分咲いているところもありましたよ。

今日はまだ、終わらない!
我が家から歩いて8分のところにある神社で、豆まきがあったので、参加してきました。
がっつりとお豆やおもち、拾ってきましたよ!
これで今年一年、安泰だ!😆

いやー、充実の一日でした。
お疲れ様です!


《お知らせ》

2月9日(金)から12日(月)までお休みいただきます。


「沖縄でOW講習を受けて、お得に雲見で潜ろう!」キャンペーン始めました。
当店が提携している沖縄本島のダイビングショップでOWライセンスを取得すると、当店の宿泊やレンタル器材代が無料になるキャンペーンです。
これからダイバーになりたい方、お友達がダイバーになろうとしている方。
ぜひチェックしてみてくださいね!

 

関連記事一覧

お問い合わせ

お問い合せは:info@idive.jp
iDive:金子 裕昭
〒410-3618 静岡県賀茂郡松崎町道部145-1
TEL:0558-43-2050
FAX:0558-43-2311
Mobile:090(2923)5301

最近の記事

2024年3月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
PAGE TOP