最新の海況を、豊富な写真とともにチェック!

宮古島で出会った3人、雲見で潜る【2023年10月17日】

今日も、二日続けて穏やかな海況の雲見です。

1ダイブ目:牛着岩(うしつきいわ)島前 → ブルーコーナー
2ダイブ目:黒崎(くろさき)先端 → 浅根
3ダイブ目:三競(さんきょう)1の穴 → 5の穴跡地
天気 晴れて爽やか
風向 ほとんどなし
流れ ほとんどなし
波・うねり ほとんどなし
最高気温 24℃
水温 23〜24℃
透視度 → :13m〜14m
透明度 ↓ :17m〜18m

1ダイブ目:牛着岩 島前 → ブルーコーナー

今日はベテランのリピーターさんおひとり様と、初雲見の3名様。
この3人は以前宮古島で偶然一緒になって、仲良くなったんだって。
宮古島と雲見は地形繋がり!😄
さっそく行ってみましょう!

宮古島の地形はダイナミックだけど、雲見の地形はまたちょっと雰囲気違うでしょ?

水路下の洞窟で、いえーい!

Hの穴の手前から、もう群れ群れが見えています。

ここは写真やムービー、撮りたくなりますよね!😄

群れ越しのライト、いただきました!🔦

3人組のうちのお一人が「フグの仲間が好きなんです」
そしたら、そんな日に限ってでっかいイシガキフグが2匹、うろうろ!😳

24アーチ!

カメラを向けるとさかさずポーズ!
さすがです。😄

おー、ピンクグレーのでっかいオオモンカエルアンコウ!

上の写真はゲスト撮影!接写!?

接写している風景です。

今日もたて穴にキイロウミウシ。

ブルーコーナーで、安全停止!
・・・中も、互いに記念撮影!

2ダイブ目:黒崎 先端 → 浅根

さあ、次は黒崎に行きましょう!
まずは先端でエントリーして、行き止まりの洞窟へ!

アカシマシラヒゲエビは、チョウチョウウオをクリーニング中!

洞窟の出口は、魚達にふさがれてしまいました。

砂地でヒレナガネジリンボウを見て。

おっと、こんなところにトラフケボリが。

ゲスト撮影、サンゴの隙間のキリンミノ。

同じく、紅藻のベッドにいるウツボくん。

浅根下のトンネルへ!

トンネル出口に群れる小魚たち。

安全停止の時には、セダカギンポ。

3ダイブ目:三競 1の穴 → 5の穴跡地

お昼をはさんで、三競へ!

最初のアーチに続く水路。

1の2の穴。

振り向くと、みんな一列縦隊で。

これは1の3の穴。

1.5の穴。

三競は最大水深13m前後と浅めですが、起伏が激しくて超・立体コースです。

2の穴出口。

その出口から振り返ると、こんな感じ。

3の穴へ入ってくるダイバー達。
かっこいい。😊

突き当たりを斜め上に上がっていって、Uターンするように隣の空間に抜けると。
真っ暗なところから、こんな景色の場所に出ます。

そして洞窟内部の空間、通称「エアドーム」で記念撮影、いえーい!

久しぶりに、アリエルのポーズ!
3人組の女子の一人にやってもらいました!
初めてにしては、なかなか決まってます!

垂直の壁の間を、外へ!

白化した色合いが美しいサンゴイソギンチャクの、ミツボシクロスズメダイ。

ゲスト撮影!
狭いサンゴの隙間にいるカスリフサカサゴ、よく撮れてますね!

そして4の穴・宮殿では、もう一人の女子にアリエルのポーズをお願いしました!
なんと、腕を水面に向けて伸ばすのではなく、お祈りのポーズにアレンジ!
斬新です!😆

4の穴出口。

4の穴から出てくるみんな。

変な形の水路を通って岩で塞がっている5の穴を見た後に。

3人組のりこちゃんの50本記念をサプライズで!

りこちゃん、おめでとう!😄

本日の写真提供は、きょうすけ君。
ありがとうございました!


《お知らせ》

明日10月18日水曜日、お休みいただきます!


「沖縄でOW講習を受けて、お得に雲見で潜ろう!」キャンペーン始めました。
当店が提携している沖縄本島のダイビングショップでOWライセンスを取得すると、当店の宿泊やレンタル器材代が無料になるキャンペーンです。
これからダイバーになりたい方、お友達がダイバーになろうとしている方。
ぜひチェックしてみてくださいね!

 

関連記事一覧

お問い合わせ

お問い合せは:info@idive.jp
iDive:金子 裕昭
〒410-3618 静岡県賀茂郡松崎町道部145-1
TEL:0558-43-2050
FAX:0558-43-2311
Mobile:090(2923)5301

最近の記事

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
PAGE TOP