最新の海況を、豊富な写真とともにチェック!

沖縄本島:ゴリラチョップ【2022年11月30日】

沖縄本島の下見ダイビング、2日目です。
計画では、沖縄本島最北端の辺戸岬(へどみさき)にある海中鍾乳洞へ行く予定だったのですが。
折からの北風で断念、代わりに北風でも問題なく潜ることのできるビーチダイビングスポット・ゴリラチョップに行ってきました。

ここは町が整備したエントリー用の階段と、トイレやシャワーが使える施設もあって潜りやすかったです。

ここは北風が強く吹くと、他のダイビングサイトが軒並みクローズとなってしまうため、多くのダイビングショップが集まってくるそうです。我々は9時開場の門が開く前、8時15分ごろから門の前に並びました。
門が開く頃にはたくさんのダイビングショップの車が並んでいました。

1ダイブ目:沖縄本島 ゴリラチョップ
2ダイブ目:沖縄本島 ゴリラチョップ
天気 小雨
風向 北より
流れ ほとんどなし
波・うねり なし
最高気温 25℃
水温 25℃〜26℃
透視度 → :10m〜12m
透明度 ↓ :10m〜

エントリー用の階段を降りたところでフィンを履いて、いざ出発。

昨日のエモンズとは違い、最大水深は10mと、ぐっと潜りやすい場所です。
そのせいか、ファンダイバーの他にも体験ダイビングや講習、スノーケラーなどの姿も見かけました。

グルクマの群れ。

バラクーダも。
水深の浅い砂地でこの群れが見られちゃうんですから。
ポテンシャル高いです。😊

浅いので水面と水底、同時に写せちゃいますね!

ワイドレンズをつけたカメラなら、より楽しいかも。

ここは沖合に桟橋があります。

以前はダイバーが入らないように、しっかりとロープが張ってあったそうですが。

今はロープもなく、他のダイバーさんたちも大勢この下で潜っていました。

なぜ以前はダメで、今はいいのか、謎だそうです。😓

ウミウシカクレエビ。

砂地で寝ていたコブシメ。
コウイカの仲間です。

ここはサンゴも元気ですね。

デバスズメダイは沖縄らしい風景を演出してくれますね。

アカメハゼ。
写真撮るの、難しい・・・。😓

テングカワハギ。
こちらもちょこまか動くので、なかなか思うように撮らせてくれません。

キスジカンテンウミウシ。
立派です。😅

ゆっくりと2ダイブ楽しんだあとは、宮里そばで沖縄そばをいただきました!


《お知らせ》

アイダイブは年末年始も休まず、通常営業しています!
一緒に年越しそば、食べませんか!?


「松崎町内宿泊者向けまつざき割り」はじまりました!
11月1日より来年2月28日まで、当店に宿泊すると1,000円が割り引かれます。
特に申込する必要などありません!期間内に宿泊される方全員に、自動的に適用されます!


アイダイブオリジナルのTシャツやパーカーが買えるオンラインショップのリンクです。
よかったら、お暇な時に見てみてくださいね。

 

関連記事一覧

お問い合わせ

お問い合せは:info@idive.jp
iDive:金子 裕昭
〒410-3618 静岡県賀茂郡松崎町道部145-1
TEL:0558-43-2050
FAX:0558-43-2311
Mobile:090(2923)5301

最近の記事

2023年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  
PAGE TOP