最新の海況を、豊富な写真とともにチェック!

きれいな色を探す雲見【2022年3月13日】

春らしい薄曇りの日でした。
海は穏やかです。

1ダイブ目:牛着岩(うしつきいわ)島前 → ブルーコーナー
2ダイブ目:牛着岩(うしつきいわ)24ブイ → 島前
天気 晴れ
風向 ほぼ無風
流れ ごく弱い下り潮
波・うねり 浅場に弱いうねり
気温 19℃
水温 17〜18℃
透視度 → :7m〜8m
透明度 ↓ :10m〜12m

今日は月イチで潜りに来てくれるお客様と、マンツーマンダイビングでした。
リクエストをお聞きすると、「きれいな色の生き物を写真に撮りたい」とのこと。
了解いたしました。

しばらく潜らないでいた間に、少し透明度は落ちていました。
今年は寒かったので、本格的な春濁りが来るかもしれませんね。

水中にはよく見ると美しい色彩や造形を持った生き物がたくさんいます。
たとえばこのアヤニシキ。
コノハノリ科の海藻の仲間ですが、ざっくりした風合いの木綿か麻のような質感です。

これはカイウミヒドラ。
ヒドロ虫と呼ばれる生き物の一種です。
ヒドロ虫は刺胞動物門に含まれるので近い仲間にはソフトコーラルや造礁サンゴなども含まれます。
陸上にはいない生き物なので、ダイバーじゃなかったら目にする機会はなかなかない生物です。

これはウミトサカの仲間で、よくソフトコーラルと呼ばれている生き物の近接写真です。
よく見ると花のようなポリプがたくさんあることが分かります。

これは被覆状の造礁サンゴの仲間です。
エダサンゴやテーブルサンゴと違い、岩を覆うように成長していきます。

下の写真、赤い円の中が上の写真の被写体です。
普段は気にもとめずに通り過ぎてしまうような何気ない生き物です。
でもそんな生き物も、よく見ると美しい色や形を持っています。
それに気がつけば、ダイビングがより一層楽しくなるかもですね!

これもそんな、普段は気にせず通り過ぎてしまう生き物シリーズ。
コケムシ、というグループのミサキアミコケムシという種類だと思います。
触るとカシャカシャともろく崩れてしまいますが。
よく見ると、細い枝々にあいた小さな穴から触手が出ています。
つまり小さな個虫が寄り集まって群体を作っているんですね。

こちらはイバラカンザシ。
釣り餌で使われるゴカイの仲間です。
本体は虫みたいでグロテスクですが、穴の中にいて見えません。
穴の外に出ているこれは鰓冠(さいかん)という呼吸器官で、採餌も行います。

ピンクのちびちびカエルアンコウ!
はまゆスタッフのちかげちゃん発見です。
スポンジのような肌の質感からオオモンカエルアンコウじゃないかなー、と思います。

さあ、さらにきれいな色や形を求めて先へ進みましょう!

これはサラサウミウシの二次鰓をアップにしたところです。

キリンミノの胸鰭。
広げると美しい模様のあることが分かります。

まるで満開の桜のようですね。

Hの穴周辺の魚群はあいかわらずの群れ群れ加減。

おっとそこに、捕食者マダイ登場!

穴の中にはでっかいクエも!

フトヤギのオレンジ色が青い海に映えます!

ウミウサギガイの仲間のトガリアヤメケボリが産卵中でした。

サラサエビ。

ヒロウミウシ。

フトヤギの仲間。

サンゴイソギンチャクの上に、イソギンチャクモエビ。
白い紋様の縁取りが青いですね。
肉眼ではほぼ見えないやつです。

トゲトサカの上に、テンロクケボリ。
これもウミウサギカイの仲間です。

コモンウミウシ。

コトヒメウミウシ。

アオウミウシ。
ここから2本目です。

カメキオトメウミウシ。
触覚の先端が黄色く染まっているのがチャームポイント。

トゲトサカの下にヒメゴンベ。

イボイソバナガニのオス。

24アーチを通過するゲスト。

コボレバケボリ。
擬態上手です。

ハナガササンゴ。

キサンゴの仲間。

おっと、久しぶりに発見!
ヤグルマウミウシですね!

こちらはクマドリミノウミウシ。

この小さなエノキダケみたいなのもヒドロ虫の一種です。
あ、名前に虫の字がついていますが、昆虫とは何の関係もありません。

はい、群れ〜。

ヘラヤガラ。

サラサウミウシ。
さっきはお尻から撮ったから、今度はちゃんと正面顔撮りました。😅

ウスアカイソギンチャク。

テッパンのレンゲウミウシ。

黒ちびカエルアンコウ。

ベニクダウミヒドラ。
まるで可憐な野に咲く花のよう。

最後はミスガイです。
いやーこうしてみると、海の中はきれいな色彩で溢れていますね!

ランチは井むらさんで菜の花と釜揚げしらすのうどんをいただきました!

お疲れ様でした!😄


《お知らせ》

4月9日土曜日、お休みいただきます。

アイダイブではオリジナルのTシャツやパーカーが買えるオンラインショップをオープンいたしました。
よかったら、お暇な時に見てみてくださいね。

 

関連記事一覧

お問い合わせ

お問い合せは:info@idive.jp
iDive:金子 裕昭
〒410-3618 静岡県賀茂郡松崎町道部145-1
TEL:0558-43-2050
FAX:0558-43-2311
Mobile:090(2923)5301

最近の記事

2022年6月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
PAGE TOP