最新の海況を、豊富な写真とともにチェック!

貸切の雲見!【2021年1月17日】

少し西風は吹いていますが、でも雲見オープンしました!
それにしても、今年の富士山は雪が少ないですね。
見るたびに思います。

1ダイブ目:牛着岩(うしつきいわ)グンカン → 大牛の裏
2ダイブ目:牛着岩(うしつきいわ)小牛の洞窟 → 島前
3ダイブ目:牛着岩(うしつきいわ)コリンズのブイ → 小牛横
天気 曇り
風向 西風少し
流れ ほとんどなし → 下り潮
波・うねり 風波あり、浅場に弱いうねり
気温 12℃
水温 18.2℃
透視度 → :13m〜14m
透明度 ↓ :17m〜18m

去年の今頃、当店に初めて来てくれた方が今日のお客様でした。
この1年で50本もダイビングして、しかもそのうちの半分が雲見!
ステキです!

1本目はグンカンから入りました。
まずは黄色いちびカエル君!

いつものアカスジカクレエビを見たあと。

はまゆガイドのささめちゃんに教えてもらったうすピンクのたぶんオオモンカエルアンコウ。

アカホシカクレエビ。

砂地に妖しく咲くウミエラ。
ソフトコーラルの仲間です。
残念ながらウミエラカニダマシはいませんでした。

おととい新たに見つかって、昨日は見当たらなかったというシロクマ君。
無事に再発見です!

たくさん見かけたハクセンミノウミウシ属の一種3。

これはシロミノウミウシ。

サガミコネコウミウシの幼体です。

ヨゾラミドリガイ。
だいぶウミウシも増えてきたような?

2本目は水路の沖側でエントリー。

セトイロウミウシ。

オトメウミウシ。

ゲストが見つけました!
ゴシキミノウミウシ属の仲間。

これもゲスト発見!
シロウミウシの極小個体。

かわいくない。😅
スポンジウミウシです。

サラサウミウシ。

Hの穴周辺はお魚てんこ盛り!

ルージュミノウミウシの正面顔。

アオセンミノウミウシ。

キカモヨウウミウシ。

カスリフサカサゴ。

楽しさのあまり、3本目に突入!
安定の、キクマ!

新顔!?
オオモンカエルアンコウ。

いつも苦労させられるハダカハオコゼ。

まだ頑張っていたツユベラ幼魚。

ヒロウミウシ。

キリンミノの成魚。

ネッタイミノカサゴの若魚。
ひらひらしてて、カッコイイ!

前足を振りふりしているアカシマシラヒゲエビ。

最後は、しっぽが特徴的なヤノダテハゼ。

今日の雲見は、他に1チームいただけ。
エントリーとエキジットの時間が完全にずれていたので、水中では誰にも会いませんでした。雲見を独り占め!贅沢ですね〜この時期ならではです。😊

そして、だいぶウミウシが増えてきたような気がします。
まだ次々に見つかる、までは行きませんが、頑張って探せばちょいちょい目にするようになってきました。

カエルアンコウの仲間も充実!
今日はクマドリカエルアンコウ2個体含め全部で5個体見ることが出来ました。

いや〜充実の3ダイブ。満足度高し、です。
本日の写真提供はみやこちゃん。
ありがとうございました!😄


《お知らせ》

現在、複数の都道府県に緊急事態宣言が出たことを受けて、GoToキャンペーンは来月7日まで停止中です。

この期間中にGoToキャンペーンを使って当店の利用をご検討中の皆さま、大変申し訳ございません。

クリック! → 「アイダイブでは宿泊した方全員にGoToトラベルキャンペーンが適用されます!

今月、当店は特に決まったお休みはありません。
潜りに行こうかな、と思い立ったら、ぜひお問い合わせくださいませ。

また特定の都道府県にお住まいのお客様をお断りする事もしておりません。
今後も感染対策に気を配りながら、開放的な海でのアクティビティを提供していきたいと思います。

関連記事一覧

お問い合わせ

お問い合せは:info@idive.jp
iDive:金子 裕昭
〒410-3618 静岡県賀茂郡松崎町道部145-1
TEL:0558-43-2050
FAX:0558-43-2311
Mobile:090(2923)5301

最近の記事

2021年2月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
PAGE TOP