最新の海況を、豊富な写真とともにチェック!

雲見で1,200本記念!【2017年2月25日】

ポイント名 雲見
1ダイブ目:牛着岩(うしつきいわ) トンガリ岩 → 島前
2ダイブ目:牛着岩(うしつきいわ) 24ブイ →  島前
天気 晴れ
風向 西より
流れ ごく弱い下り潮
波・うねり 風波とうねりわずか
気温 10℃
水温 15℃
透視度:9m〜10m
透明度:15m
今日はリピーターのゲストとマンツーマンダイブでした。
ほんとはもうひとりお客様がいて、かなちゃんはその方と潜る予定でしたが、肋骨にヒビ疑惑で日程変更になってしまいました。幸いなことにヒビは入っていなかったそうですが、大事をとって少し先の日程に変更となりました。無理は禁物ですもんね。(*^^*)
それにしても久しぶりの雲見。久米島が間に挟まっているので、実に約2週間ぶりでした。
最初に見に行ったのはトンガリ岩のオオモンカエルアンコウ。2週間前と同じジュズエダカリナの上にいました。いいヤツです。
潜る前、お世話になっているダイビングサービスはまゆのささめちゃんが「オオモンカエルアンコウの近くにベニカエルアンコウもいたよ」と教えてくれました。
ベニカエルアンコウ君も無事、見つけることが出来ました。
そして用意のフラッグを出して記念撮影!おめでとうございまーすっ!
Hの穴の中は魚たちでいっぱい。
特にキンメモドキは、群れ自体に意志があるように魚群の形が変化していくので見飽きません。
行く手を阻むように群れるネンブツダイ達。
レア物のウミウシ2種類もまだいてくれました。
こちらはラベンダーウミウシです。
そしてこちらはオトヒメウミウシ!
うねりのせいで透明度は若干落ちた感じですが、それでも水路下の洞窟ではこんな風に地形が見えていました!
2本目は小牛の洞窟前にいるベニカエルアンコウからスタート。
この人も長いこと同じ場所にいてくれています。
行き止まりの洞窟へ入っていきました。
ここは狭いので少人数限定。今日はマンツーマンなのでばっちりです。
中にはヒメセミエビや。
ちょいレアなアカネテンジクダイが。
この他イセエビやコウイカの仲間やクリアクリーナーシュリンプなど見ることが出来ました。
下の写真は2匹のヤドカリです。が、下の大きいほうが上の小さい個体をいじめているように見えます。
このあと、小さいほうは殻に閉じこもってしまいました。大きいほうはどうしたかったんでしょうね〜。
相手の殻を奪うにしても小さすぎるだろうし、交尾をしたいならもっと異性に優しくしなくちゃダメだし。謎です。
あー今日も面白かった!明日も雲見で潜る予定です!

【アイダイブからのお知らせ】

今年の「アイダイブ的モルディブクルーズ2017」は 2017年11月18日(土)〜25日(土)の予定です!

雲見の地形が好きなら一度は見ておきたい宮古島!今年も行きますよ!詳しくはこちらをご覧下さい。

■ アイダイブの非常勤ガイド・カナコのブログです!

■ アイダイブのFacebookページです。ぜひ「いいね!」をお願いいたします。m(_ _)m

■ もっと詳しい情報はアイダイブのホームページへ!

お問い合わせの場合はこちらのページにメールアドレス・電話番号などあります!

■ ダイビングのあとにリラックスしませんか? 当店に併設されたアロマトリートメントのお店「リフレクカオカオ」のご案内

関連記事一覧

お問い合わせ

お問い合せは:info@idive.jp
iDive:金子 裕昭
〒410-3618 静岡県賀茂郡松崎町道部145-1
TEL:0558-43-2050
FAX:0558-43-2311
Mobile:090(2923)5301

最近の記事

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
PAGE TOP