最新の海況を、豊富な写真とともにチェック!

潜り納めも雲見で!【2016年12月30日】

ポイント名 雲見
金子チーム
1ダイブ目:牛着岩(うしつきいわ) 24ブイ → 島前
2ダイブ目:牛着岩(うしつきいわ) 小牛の裏角 → 島前
3ダイブ目:牛着岩(うしつきいわ) 24ブイ → 島前
加奈子チーム
1ダイブ目:牛着岩(うしつきいわ) ブイ → 16アーチ → 島前
2ダイブ目:牛着岩(うしつきいわ) ブイ → Hの穴 → 島前
天気 曇りのち晴れ
風向 西より
流れ 下り潮 → 上り潮少々
波・うねり 沖に風波、うねりあり
気温 11℃
水温 17℃〜18℃
透視度:9m〜10m
透明度:13m〜14m
2日間ほど雲見はクローズしていましたが、今日はオープン。今年最後に潜る場所が雲見でよかったです。明日は別にお休みじゃないのですが、たまたまご予約入らなかったので、大晦日イブの今日がアイダイブの潜り納めでした。
非常勤ガイド・加奈子チームは昨日がOW講習の海洋実習最終日。晴れてダイバーになったゲストと初ファンでした。
私は当初ご予約いただいていたお客様とマンツーマンで潜る予定でしたが、なんと昨日ふた組4人もご予約が増えてファンダイバー5名様と潜ってきました。
もちろん前日のご予約も大歓迎!可能な限り受けさせていただきます。
さて、海は西よりの風で波とうねりがある状態。なので島裏でのエキジットはやめて島前で船に上がるようにしました。ちょっとコースは被ってしまいましたが、それでも飽きずに潜れるのが雲見のいいところです。
さて、今日の海は・・・?
うねりのせいかちょっと白っぽくなっていました。透明度も抜群と言うほどではないですが、普通に見えています。
そして、魚影は・・・。
頭上の大群に見とれていると、足もとにはこんな小さなユビウミウシが。
ワイドとマクロの波状攻撃!交互に来るのでカメラの操作が忙しい・・・。嬉しい悲鳴です。
小ぶりなクエ。でかいクエもいました。
あっちこっちに魚の群れ。場所によって地形と魚群の作り出す風景が違うので飽きませんね。
すっかり定番となったラベンダーウミウシ。
水路下の洞窟は比較的透明度がよかったです。
ウミカラマツの根元にひっそりとたたずむベニカエルアンコウを見た後は。
またまた魚の群れに酔いしれちゃいます。
そして、また目をマクロモードにしましょう。f ^ ^ *)
これはキカモヨウウミウシ
エサのカイメンにめり込んでいるキャラメルウミウシ。幸せそうです。f ^ ^ *)
墨で染めたような蓑をまとったスミゾメミノウミウシ。見たまんまのネーミングですね。
うーむ、今日最小のウミウシはこれだったかも。正式和名はまだ無いと思います。通称はムギメシミノウミウシ
いや〜今日も面白かったなぁ。本日の写真提供はきょうこさん。ありがとうございました!
そして無事、2016年の最後のダイビングが終わりました。
今年一年、潜りに来てくださった皆さまありがとうございました!来年もよろしくお願いいたします。

【アイダイブからのお知らせ】

アイダイブはお正月も休まず、普通に営業しています!

■ 1月10日(火)〜13日(金)までお正月休みいただきます。

■ 来年の「アイダイブ的モルディブクルーズ2017」は 2017年11月18日(土)〜25日(土)の予定です!

■ 来年こそ水中でクジラを見たい!2017アイダイブ的久米島のお知らせです。

■ アイダイブの非常勤ガイド・カナコのブログです!

■ アイダイブのFacebookページです。ぜひ「いいね!」をお願いいたします。m(_ _)m

■ もっと詳しい情報はアイダイブのホームページへ!

お問い合わせの場合はこちらのページにメールアドレス・電話番号などあります!

■ ダイビングのあとにリラックスしませんか? 当店に併設されたアロマトリートメントのお店「リフレクカオカオ」のご案内

関連記事一覧

お問い合わせ

お問い合せは:info@idive.jp
iDive:金子 裕昭
〒410-3618 静岡県賀茂郡松崎町道部145-1
TEL:0558-43-2050
FAX:0558-43-2311
Mobile:090(2923)5301

最近の記事

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
PAGE TOP