最新の海況を、豊富な写真とともにチェック!

雲見・赤井浜でトレーニング!【2016年1月23日】

ポイント名 雲見
1ダイブ目:赤井浜(大根)
2ダイブ目:赤井浜(大根)
3ダイブ目:牛着岩(うしつきいわ) 小牛の裏角 → 島前
天気 曇り
風向 ほぼ無風
流れ ほとんどなし
波・うねり ほとんどなし
気温 10℃
水温 15℃〜16℃
透明度:13m〜14m
透視度:7m〜8m
今日は、3月にインストラクター試験を受ける予定のガイド見習いのおふたりと、赤井浜(大根)を潜ってきました。ここは講習や体験、ビギナーのファンダイビングに使う場所です。もちろん、ガイド見習いのふたりもデビューしたあとは当然ここで潜ることが多くなるはず。今のうちにしっかりと覚えてね。
ここはボートポイントでもビーチポイントでもあります。普通に船からバックロールエントリーした場合は「大根(おおね)」、上陸できる岩場からジャイアントストライドエントリーする場合は「赤井浜(あかいはま)」と呼び分けています。
これは上陸できる岩場に上がった所。
OLYMPUS DIGITAL CAMERAこの岩場から水の中をジャブジャブ歩くと、温泉のある赤井浜へ行けます。
3人で混浴気分を楽しみました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA3本目、私は牛着岩へ。チェックダイブです。
ガイド見習いのふたりは、ふたりだけで大根へ。実際に自分が先頭で泳ぐとまた覚えられるはずです。
1ダイブ牛着岩10.1まず水深24mのアーチをくぐって。
OLYMPUS DIGITAL CAMERAこれはホムラチュウコシオリエビ。変な名前ですね。f ^ ^ *)
OLYMPUS DIGITAL CAMERAウミウサギガイの仲間・コボレバケボリ
OLYMPUS DIGITAL CAMERAハナタツです。2匹いるうちの皮弁のあるほう。
OLYMPUS DIGITAL CAMERAクランクにいる白いベニカエルアンコウ。かなり位置を変えるので、毎回探し出すのにひと苦労。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA小牛の洞窟の黄色いベニカエルアンコウ。こちらも今日はかなり場所を変えていました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERAコリンズの佑君に教えてもらった小牛裏のベニカエルアンコウ。うまく見つけられず。(T_T)
場所は間違いないんだけどなぁ。その代わり、キリンミノ見つけました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA長いこと楽しませてくれていたクマドリカエルアンコウ、今日は見つかりません。う〜ん、今日はカエルアンコウ不調だなぁ。これは見つけることのできた6cmのイロカエルアンコウ
OLYMPUS DIGITAL CAMERAそして3cm。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA小さなウミウシも少しずつですが増えてきています。
これはミツイラメリウミウシ。体長は2cm無いくらいです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA青いリング模様のヒョウモンダコ。噛まれたら死にます。噛まれたこと無いけど。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA最後はモジャモジャ岩のベニカエルアンコウ。いつまでもいてね〜。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA大根のトレーニング、うまく覚えられたかな。
まだまだ牛着岩も覚えなければいけないし、大変だけど頑張ってください

【アイダイブからのお知らせ】

来週25日月曜日から28日木曜日まで実家へ帰省する為お休みいたします。

■ 2016年のアイダイブ的あちらこちら(恒例の久米島や宮古島、モルクルなど)です。

■ アイダイブのFacebookページです。ぜひ「いいね!」をお願いいたします。m(_ _)m

■ もっと詳しい情報はアイダイブのホームページへ!

お問い合わせの場合はこちらのページにメールアドレス・電話番号などあります!

■ ダイビングのあとにリラックスしませんか? リフレクカオカオのご案内

関連記事一覧

お問い合わせ

お問い合せは:info@idive.jp
iDive:金子 裕昭
〒410-3618 静岡県賀茂郡松崎町道部145-1
TEL:0558-43-2050
FAX:0558-43-2311
Mobile:090(2923)5301

最近の記事

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
PAGE TOP