最新の海況を、豊富な写真とともにチェック!

田子でチェックダイブ!【2015年1月16日】

ポイント名 田子
1ダイブ目:太根
2ダイブ目:白崎 2番のブイ
天気 晴れ
風向 ほとんど無風
流れ なし
波・うねり ほとんどなし
気温 13℃
水温 15℃
透明度:外洋30m〜 内海15m〜18m
透視度:外洋20m〜 内海10m〜15m
アクアティークの糸井さんに誘われて、田子へチェックダイブしに行ってきました。
考えてみたら田子でチェックダイブするのは初めてかもしれません。楽しみです。
1本目は外洋の太根へ。チェックダイブで外洋に行けちゃうなんて。お客様を連れてきたショップさんに相乗りとは言えゼイタクですね。田子ダイビングセンターさん、お世話になりました!(*^^*)
さて、エントリーすると少し白っぽいものの抜群の透明度でした。泳ぎ初めて5分もしないうちに突然イナダの群れにまかれました!
DSCF6791ワラサおお〜!いきなりテンションMaxです。
DSCF6792ワラサ大きいしいっぱいいるし、早いし。ワクワクします。
DSCF6795ワラサ今日は太根の西側にあるちょっと深い場所へ連れて行ってもらいました。もちろん初めてです。
へー、こんな所にキサンゴの巨木があるんですね。初めて見ました。
DSCF6798キサンゴ田子の太根といえばサクラダイですね。いっぱいいたし、美しい!
体に銀色の斑点のあるのがオス、オレンジで背ビレに黒い点があるのがメスです。
DSCF6815サクラダイ雄と雌こちらはナガハナダイのオス。棲息深度が深いので田子の太根、それも水深25m以深じゃないと見れないですね。そんな深い場所は雲見には外洋にでも行かない限り無いのでまず見ることはありません。
DSCF6808ナガハナダイ雄これはレア物のシロオビハナダイ。これは動きが速くしかもトリッキーな為全然うまくカメラに収められませんでした。まだまだ未熟です。\(_”_ )
DSCF6803シロオビとにかく、もの凄い魚影でした。
DSCF6806魚影深い場所にはそんなに長い時間潜っていられません。後ろ髪引かれる思いで深度を上げます。
DSCF6819ダイバー浅い場所に戻ってきて安全停止を兼ねて生き物探し。目についたのはミスガイ。
DSCF6821ミスガイちっさ!これはコガネマツカサウミウシですね。
DSCF6826コガネマツカサ他にも幾つか小さなウミウシがいたのですが、浅場はふわんふわんとうねりがあってカメラが固定できず。なので写真は無しです。m(_ _)m
2本目はのんびりと白崎へ。定番のイボイソバナガニから。
DSCF6833イボイソバナガニピカチュウことウデフリツノザヤウミウシ。今日は1匹しか見つけられませんでした。他のはどこ行った??
DSCF6836ピカチュウオオモンカエルアンコウもいましたが場所が変わっていました。そろそろいなくなっちゃうのかな?
DSCF6839オオモンカエル幼魚これはアズキウミウシですね。
DSCF6840アズキウミウシそれからサラサウミウシ。
DSCF6843サラサ晴れていたので、サンゴの群生地もきれいでした。
DSCF6849サンゴいや〜楽しかった。特に外洋の太根は最高でしたね。また潜りに来たいです。
おつき合い頂いた糸井さん、さゆりちゃん、ありがとうございました!(*^^*)

【アイダイブからのお知らせ】

■ 来週月曜日の19日から25日と今月31日土曜日はお休みいただきます。

■ アイダイブのFacebookページです。ぜひ「いいね!」をお願いいたします。m(_ _)m

■ 今年はマンタ・クジラ・ハンマーヘッドシャークの三冠なるか!アイダイブ的久米島2015のお知らせ!

■ 今年のアイダイブ的モルクルは2015年11月21日土曜日〜28日土曜日です!

■ もっと詳しい情報はアイダイブのホームページへ!

お問い合わせの場合はこちらのページにメールアドレス・電話番号などあります!

■ ダイビングのあとにリラックスしませんか? リフレクカオカオのご案内

関連記事一覧

お問い合わせ

お問い合せは:info@idive.jp
iDive:金子 裕昭
〒410-3618 静岡県賀茂郡松崎町道部145-1
TEL:0558-43-2050
FAX:0558-43-2311
Mobile:090(2923)5301

最近の記事

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
PAGE TOP