最新の海況を、豊富な写真とともにチェック!

確かめる雲見【2014年12月7日】

ポイント名 雲見
1ダイブ目:牛着岩 湾内 → 水路 →湾内
2ダイブ目:牛着岩 湾内 → シロクマ →湾内
天気 晴れ
風向 西よりの風
流れ ほとんどなし
波・うねり 波あり、うねりも強い
気温 10℃
水温 16℃
透明度:18m
透視度:10m
吹き荒れていた西風がようやく収まる気配を見せました。雲見も一週間ぶりにオープン。ゲストはいませんでしたが、海の中の様子を確かめに行ってきました。
2ダイブ牛着岩ver.9.0まだ風が強くて、波もあります。なのでエントリーとエキジットは湾内限定でした。
1本目は水路から水深24mのアーチ周辺の生き物をチェックしてきました。
Hの穴からクランクにかけての魚影は全く変わっていませんでした。ほっとひと安心。
DSCF6598クランクの魚影透明度もこれだけ海の荒れた状態が続いたあとにしては、悪くありません。
ただ水温は下がってしまいましたね。まあ、下がったというより例年通りに戻った感じではありますが。
DSCF6597クランクの魚影小牛の洞窟の前に長いこといてくれたオオモンカエルアンコウはいなくなっていました。
水深24mのアーチテングダイ。いるべき所にいるべき人達がいるとほっとします。
DSCF6601テングダイハナタツ2匹も健在。この他カイカムリやコペポーダ付きのガラスハゼも頑張っていました。
DSCF6433ハナタツ湾内ではウミウサギガイ
DSCF6444ウミウサギガイキイロウミウシ
DSCF6443キイロウミウシ残念なことにミナミヒロウミウシはいなくなっていました。これはミチヨミノウミウシです。
DSCF6469ミチヨミノ2本目は水深16mのアーチから島裏のクマドリカエルアンコウ(=通称シロクマ)がいる辺りを見てきました。
まずはブイ近くにいたシロクマ似のイロカエルアンコウ。エスカ(疑似餌)を振っていますね。
私は初めて見たのですが、西風が吹き始める前からいたそうです。
白地に赤い模様で確かにクマドリカエルアンコウに似ています。でも体の模様が目に届いていないので違いますね。隈取り模様ではないということでしょう。
DSCF6451シロクマもどきアカホシカクレエビも同じイソギンチャクで待っていてくれました。
DSCF6454アカホシカクレエビもう3ヶ月以上いるシロクマ君。何度も台風などのうねりを乗り越え、「ど根性ガエル」と呼ばれています。
DSCF6462シロクマそのすぐ側にいるイロカエルアンコウも健在でした。
DSCF6458イロカエルそれからロッカク岩のベニカエルアンコウも。
DSCF6466ロッカクのベニカエルごく一部いなくなってしまった生き物もありますが、おおむね残ってくれていました。
これでまたいつゲストが来ても、かわいい生き物たちの所へご案内できます。ご予約お待ちしております!

【アイダイブからのお知らせ】

■ アイダイブのFacebookページです。ぜひ「いいね!」をお願いいたします。m(_ _)m

■ 来年はマンタ・クジラ・ハンマーヘッドシャークの三冠なるか!アイダイブ的久米島2015のお知らせ!

■ 来年のアイダイブ的モルクルは2015年11月21日〜28日土曜日です!

■ もっと詳しい情報はアイダイブのホームページへ!

お問い合わせの場合はこちらのページにメールアドレス・電話番号などあります!

■ ダイビングのあとにリラックスしませんか? リフレクカオカオのご案内

関連記事一覧

お問い合わせ

お問い合せは:info@idive.jp
iDive:金子 裕昭
〒410-3618 静岡県賀茂郡松崎町道部145-1
TEL:0558-43-2050
FAX:0558-43-2311
Mobile:090(2923)5301

最近の記事

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
PAGE TOP