最新の海況を、豊富な写真とともにチェック!

うねり入ってきた雲見【2014年9月22日】

ポイント名 雲見
1ダイブ目:牛着岩 水深16mのアーチ → 大牛の洞窟
2ダイブ目:牛着岩 はまゆのブイ → 水深16mのアーチ
3ダイブ目:牛着岩 小牛の前角 → ブルーコーナー
4ダイブ目:牛着岩 24ブイ → 24ブイ
天気 晴れのち曇り
風向 東より
流れ ほとんどなし
波・うねり うねり少々
気温 23℃
水温 23℃〜24℃
透明度:13m〜14m
透視度:8m〜10m
今日は前泊のベテランゲスト2名様と初・雲見の3人組でした。
台風16号の影響かうねりが少し入ってきました。ダイビングにはそれほど影響しませんが、でも水路の通行は自粛しました。
困ったのは写真を撮る時。ふわんふわんと揺れていて、なかなか体を固定できません。
こんなに小さくてかわいいアイドルの生き物たちがいるというのに!
4ダイブ牛着岩ver.9.0 先発隊はベテランゲスト。今が旬の生き物を見て来ました。
水深16mのアーチ横のツユベラを見てから、ロッカク岩へ。その途中、新たにオオモンカエルアンコウの幼魚と思われる個体を発見!
Exif_JPEG_PICTURE ロッカク岩では極小のカエルアンコウの仲間とハナタツ2個体を無事に発見。
昨日はいくら探しても見つからなかったのに・・・。(*´Д`)=з
OLYMPUS DIGITAL CAMERA そして今一番のアイドル・白いクマドリカエルアンコウの元へ。
アイドルの宿命で、昨日はかなりの数のダイバーの被写体となったようです。最後に潜ったガイドさんがとうとういなくなった、と報告してくれました。うわーいなくなっちゃったんだぁ、今日はどうだろう・・・。おそるおそる場所へ行くと、いた! 一番最初に見つかった場所にほぼ戻って来てくれていました。
Exif_JPEG_PICTURE 後発隊、まずは湾内でスキルチェックです。お、落ちついているし中性浮力もわりかし取れていますね。
がんばって水深16mのアーチまで行ってみましょう。そこでツユベラとさっき見つけたばかりのオオモンカエルアンコウの幼魚を見て、ブイに戻って来ました。するとそこには・・・。
DSCF5376アオリイカ アオリイカの軍団が待機してくれていました。

先発隊、2本目も生き物探しです。
これは小牛洞窟前に以前からいるオオモンカエルアンコウ幼魚。この人も所定の位置に戻ってきていました。1本目に見つけた個体とうり二つです。
Exif_JPEG_PICTURE たて穴前のカイカムリ、全部で3匹いました。そのうちの1匹です。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA あまりウミウシは数が多くないですが・・・。でもムラサキウミコチョウは健在です。
Exif_JPEG_PICTURE 大きなマダイが中層でホバリングしていました。
Exif_JPEG_PICTURE ブルーコーナーではキンギョハナダイ。ばっちり目線があっています。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
はい、今日もたっぷり生き物と地形を楽しむことが出来ました。
本日の写真提供はMamirinさん、Hideakiさんです。ありがとうございました!

【アイダイブからのお知らせ】

■ 今週24日水曜日、お休みいただきます。m(_ _)m

■ 今年もモルディブに夢を見に!アイダイブ的モルディブクルーズ 2014の詳細です!

■ もっと詳しい情報はアイダイブのホームページへ!

お問い合わせの場合はこちらのページにメールアドレス・電話番号などあります!

■ ダイビングのあとにリラックスしませんか? リフレクカオカオのご案内

関連記事一覧

お問い合わせ

お問い合せは:info@idive.jp
iDive:金子 裕昭
〒410-3618 静岡県賀茂郡松崎町道部145-1
TEL:0558-43-2050
FAX:0558-43-2311
Mobile:090(2923)5301

最近の記事

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
PAGE TOP